次に来るトレンドをズバリ!続々登場&そろそろ発売2015冬スマホ【生体認証編】

ムーブメントを生み出すトレンドの数々を一斉調査!
冬春商戦はモバイル業界が最も盛り上がるシーズン。今年も秀逸なモデルが3キャリアから数多く出揃い、機種変更のベストシーズンとも言える状況を生み出している。今回は、これからのムーブメントとなり得るモデルを中心に機種変更を誘うであろうポイントを紹介していこう。

強固なセキュリティでスマホの情報を確実に守る

今季は新Nexusや新Xperia以外にも生体認証機能を搭載した機種が目立つ。指紋認証や虹彩認証を利用することで、素早く画面ロックを解除するのがもはや当たり前になりつつある。また、NTTドコモでは、一部のキャリアサービスへのログインなどにもこれらの認証を利用できる。

 

瞳を使った虹彩認証がよりスピーディかつ実用的に!
NTTドコモ/富士通
arrows NX F-02H
実勢価格:調査時未発表 11月下旬発売

20151113_004_001

高コントラストの5.4型WQHDディスプレイを搭載。MIL規格14項目に準拠しており、衝撃に強いのが特徴だ。本体天面と底面にはハードアルマイトを採用し、耐傷性が従来機の2倍に上がっている。虹彩認証機能にも対応。

SPEC
OS:Android 5.1 カメラ画素数:2150万画素 CPU:ヘキサコア(1.8GHz+1.4GHz) ディスプレイ:5.4型WQHD(2560×1440ドット) 連続待受時間:調査時未発表 連続通話時間:調査時未発表 通信速度(受信/送信):225Mbps/50Mbps RAM:3GB ROM:32GB バッテリー:3390mAh 生体認証:虹彩 防水/防塵:IPX5、8/IP6X サイズ:W75×H154×D7.9mm 重量:約167g

20151113_004_002
▲カメラは1230万画素。より多くの光を集められるセンサーを採用し、暗闇でも鮮明な写真が撮れる。

20151113_004_003
▲背面にナノテクファイバーを採用。奥行き感のあるデザインが美しい。

20151113_004_004
▲暗い場所でも明るく撮れるカメラ。0.14秒の高速AFにも対応する。

【変えるべき理由はココ!】
画面を見るだけで使える虹彩認証が便利
上部の専用カメラで目を映してロック解除できる「虹彩認証」をサポート。画面ロックの解除のほか、docomo IDでのログインや、ショッピングやコンテンツ購入時にドコモケータイ払いの認証に対応する。なお、赤外線を使用するので暗い部屋でも認証可能だ。

20151113_004_005
▲メガネやコンタクトレンズを付けていても認証できる。端末や眼に直射日光が差していると認証率がやや下がる。

 

高速駆動IGZO & 指紋センサーを搭載する新AQUOS
ソフトバンク/シャープ
AQUOS Xx2
実勢価格:9万3120円 11月中旬発売

20151113_004_006

新技術「ハイスピードIGZO」を搭載する5.3型機。120Hzの液晶駆動により、スクロール時も滑らかな描写が可能になった。背面カメラはハイスピードAFに対応。800万画素のインカメラには広角レンズを採用した。

SPEC
OS:Android 5.1 カメラ画素数:1310万画素 CPU:ヘキサコア(1.8GHz+1.4GHz) ディスプレイ:5.3型フルHD(1920×1080ドット) 連続待受時間:約600時間(4G LTE) 連続通話時間:約1500分(4G LTE) 通信速度(受信/送信):187.5Mbps/37.5Mbps RAM:3GB ROM:32GB バッテリー:3100mAh 生体認証:指紋 防水/防塵:IPX5、8/IP5X サイズ:W73×H138×D7.9mm 重量:約150g

20151113_004_007
▲新技術ハイスピードIGZOにより、動きの激しい映像も滑らかに表示できる。

20151113_004_008
▲本体下部の両端にLEDを搭載。着信中やロック解除時などに光を発する。

【変えるべき理由はココ!】
背面に指紋認証センサー
背面に指紋認証センサーを搭載。指でなぞるだけでロック解除やアプリケーション起動が行なえる。登録できる指は5パターン。指ごとに起動するアプリケーションを設定しておくと便利。

20151113_004_009
▲認証は、背面の指紋センサーを指の腹でなぞるようにして行なう。

 

文/小竹佑児 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト
arrows NX F-02H製品情報ページ
AQUOS Xx2製品情報ページ