次に来るトレンドをズバリ!続々登場&そろそろ発売2015冬スマホ【新ガラケー編】

ムーブメントを生み出すトレンドの数々を一斉調査!
冬春商戦はモバイル業界が最も盛り上がるシーズン。今年も秀逸なモデルが3キャリアから数多く出揃い、機種変更のベストシーズンとも言える状況を生み出している。今回は、これからのムーブメントとなり得るモデルを中心に機種変更を誘うであろうポイントを紹介していこう。

今秋は“非スマホ派”待望の新ガラケーも一挙に投入!

ガラケーからスマホに変えたくないが、家族や知人との連絡には「LINE」が必要。そんなニーズに応える新モデルも発表されている。一方、パナソニックの『P-01H』はあえてAndroidを搭載せず、LTE通信にこだわらない仕様。生粋のガラケーはかえってユニークな存在だ。

 

歩数計に対応する防水ケータイ
NTTドコモ/パナソニック
P-01H
実勢価格:調査時未発表 11月下旬発売

20151113_005_001

3.4型ディスプレイ搭載の折りたたみ式ケータイ。80ドットの特大フォントに対応しており、メールや電話帳が見やすい。明るい屋外でも画面が見やすい「屋外モード」も搭載する。赤外線、おサイフに対応。

SPEC
連続待受時間:約750時間(3G) 連続通話時間:約250分(3G) 通信速度(受信/送信):7.2Mbps/2.0Mbps ディスプレイ:3.4型フルワイドVGA(854×480ドット) カメラ画素数:510万画素 防水/防塵:IPX5、7/IP5X サイズ:W51×H112×D15.3mm 重量:約123g

【変えるべき理由はココ!】
ガラケーのメリットがさらに実用的に向上
大きな文字や、太くてハッキリしたキーの文字が見やすいのが特徴。好みの機能を登録できる「マルチワンタッチボタン」も便利だ。なお、LTE非対応のiモードケータイだから通信量も抑えられる。

20151113_005_003
▲パナソニック製ケータイではおなじみの「ワンプッシュオープンボタン」も搭載。サイドのボタンを押すだけで端末が開く。

 

高精細液晶&800万画素カメラを搭載
ソフトバンク・ワイモバイル/シャープ
AQUOSケータイ
実勢価格:調査時未発表 11月下旬発売(ソフトバンク)、12月下旬発売(ワイモバイル)

20151113_005_002

AndroidベースのOSを搭載するケータイ。「LINE」アプリを利用することができる。キーの上を指でなぞって操作できる「タッチクルーザーEX」にも対応。ターコイズやゴールドなど鮮やかな8色で展開。

SPEC
連続待受時間:約630時間(W-CDMA) 連続通話時間:約660分(W-CDMA) 通信速度(受信/送信):21Mbps/5.7Mbps ディスプレイ:3.4型qHD(960×540ドット) カメラ画素数:800万画素  防水/防塵:IPX5、7/IP5X サイズ:W51×H113×D17.6mm 重量:約124g

 

文/小竹佑児 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト
P-01H製品情報ページ
AQUOSケータイ製品情報ページ