GARMINの新作ランナー向けスマートウォッチは“お値段以上”

「スマートウォッチは高いモノ」──そのイメージはある意味で誤解ですよ。

GPSおよびアウトドア製品、そしてフィットネス機器を手がけるブランド「GARMIN」(ガーミン)が、お手頃価格でトレーニングをサポートしてくれる新スマートウォッチ『Forerunner 25』を発表しました。2015年第3四半期に出荷予定で、予定価格は169.99ドル……ということは、日本円にするとおよそ2万1000円ほど。Apple Watch SPORTの最安構成モデル(4万2800円)と比較してもおよそ半分のプライスです。

10781_13912_digimono_forerunnner02-300x199
▲GPS機器最大手のGarmin、フィットネス関連商品に力を入れている企業でもあります。

安さばかりに目が行きがちですが、さすがはGPS機器のトップメーカーの製品。ランニングの走行距離、ペース、心拍数、カロリーといったデータを追跡して、運動の効率とやる気をアップしてくれます。このあたりの性能については、これまでの同社製品でも定評があるところ。さらに水深50m防水という耐候性もスポーツユースに嬉しい仕様ですね。

肝心のスマートウォッチ機能としては、スマートフォンとペアリングすることで電話の着信を教えてくれたり、カレンダーやテキストメッセージの各種通知を手元で知ることが可能。また、トレーニングのデータはオンラインコミュニティ「GarminConnect」へ自動アップロードすることもできます。気になるバッテリー持続時間は、時計/活動量計モードで10週間、トレーニングモードで10時間。これだけ持てば結構なモンですね。

10781_13912_digimono_forerunnner03-276x300-1
▲スポーツ向けに特化したルックス。ちなみに文字盤サイズは2種類あります。

健康を気にするスマートウォッチ初心者の入門機としては十分なモデルかもしれません。さらに本格的なアクティビティを求めるアスリートなら、トレーニングデータに互換性のある上位機種をチェックしてみても良さそう。ただし、いかにもスポーツウォッチ然としたデザインは、ちょっと好みが分かれるところかもしれませんね。いずれにせよ、日本での展開が待たれます。

 

文/ワタナベダイスケ