次に来るトレンドをズバリ!続々登場&そろそろ発売2015冬スマホ【超ハイコスパ編】

 

ムーブメントを生み出すトレンドの数々を一斉調査!
冬春商戦はモバイル業界が最も盛り上がるシーズン。今年も秀逸なモデルが3キャリアから数多く出揃い、機種変更のベストシーズンとも言える状況を生み出している。今回は、これからのムーブメントとなり得るモデルを中心に機種変更を誘うであろうポイントを紹介していこう。

 

格安スマホに並ぶハイコスパなモデルに期待募る

ファーウェイは、SIMフリー市場で販売している『P8lite』がベースの『LUMIERE』をワイモバイルブランドに投入。男女問わず使いやすいスリムで洗練されたデザインに加え、カメラやスピーカーの音質にもこだわった。格安スマホ同等のハイコスパな価格の実現に期待大だ。

普段使いでも十分に使える機能を備えたミドルスペック機

ワイモバイル/ファーウェイ
LUMIERE 503HW
実勢価格:3万8880円

20151113_007_001

薄さ7.7mmのスリムな5型モデル。ヘアライン仕上げを施した背面が手によく馴染む。底面のスピーカーは「Smart PA」技術を採用しており、薄さを保ちつつ迫力あるサウンドを再現できる。1.2GHz駆動のオクタコアCPUも搭載する。

SPEC
OS:Android 5.0 カメラ画素数:1300万画素 CPU:オクタコア(1.2GHz) ディスプレイ:5.0型HD(1280×720ドット) 連続待受時間:約460時間(4G) 連続通話時間:約750分(4G) 通信速度(受信/送信):112.5Mbps/37.5Mbps RAM:2GB ROM:16GB バッテリー:2200mAh 生体認証:非対応 防水/防塵:非対応 サイズ:W71×H143×D7.7mm 重量:約131g

【変えるべき理由はココ!】

表面のツヤを抑えて高級感を演出する
無駄な装飾がないボディはシーンを選ばずに使いやすい。直線的な研磨で髪の毛のような細かいラインを付けるヘアライン仕上げにより、光沢を抑えている。本体カラーはブラック、ゴールド、ホワイトの3色を展開。

20151113_007_002
▲ボディのエッジ面には異なる表面加工を施しており、立体感が演出される。

 

文/小竹佑児 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト

LUMIERE 503HW製品情報ページ