人気の“ダンボーバッテリー”がちっちゃくなってフルモデルチェンジ!!

「そろそろかいかえろ、な? とーちゃん?」

マンガ発のキャラクター商品モバイルバッテリーとして高い人気を誇る、cheeroの「ダンボーバッテリー」が、ついにフルモデルチェンジしました。cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD versionです。その名の通り容量は10050mAhで、旧モデル(10400mAh)より若干低下しましたが、スマートフォン用途ではその差は微々たるもの。それでいてサイズが従来の2/3へと小型化されていたりと、便利さは向上しています。本体重量は190g。

cheerodanboardnew02 cheerodanboardnew03
▲小さくなってポーチ付属。持ち運びに便利。

cheerodanboardnew04
▲USBポート、電源ボタン、インジケーターの構成。

電力供給用のUSBポートは2つ搭載で、最大出力は3.4アンペア。AUTO-IC機能で接続されたデバイスを自動認識するので、機器に合わせた最適な充電が可能です。

cheerodanboardnew05 cheerodanboardnew06
▲初心者にも勧められる安全設計。

また、パナソニック製の国産電池、過充電やショート時などに自動停止する安全装置の装備といった部分で安心感があるのもこの製品の良いところです。見た目の可愛らしさも相まって「スマホとかバッテリーってあまり詳しくなくて……」という女性やライトユーザーに特におすすめしたいですね。

「お金で動く」といわれるダンボーですが、気になる定価は5980円。実際の販売価格は現時点で3650円(税込)となっています。まだモバイルバッテリーを持っていないユーザーでも、定番のルックスとiPhone 6のフル充電3.5回分という性能でこの価格ならアリですよね。

ちなみに冒頭の画像にある6色のカラーバリエーション(あじさい・ひなぎく・ひまわり・さくら・すみれ・よつば)『Flowers』モデルも同価格で発売中です。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト

製品情報(オリジナルカラー)
製品情報(Flowers)
プレスリリース(PRTIMES)