遅刻魔がいるバンドに朗報? スマホ接続での遠隔セッションが可能に

だいたいどのバンドにも1人は遅刻魔がいるのだという……。

バンド解散の理由として定番なのは「カネとオンナのトラブル」ですが、メンバー間の不仲の原因としては「時間にルーズなヤツがいる」というのも結構ありそうですよね。全員揃わないことで練習やレコーディングがさっぱり捗らない、なんてことから人間関係に亀裂が生じたり。

jamblaster01
▲メンバーがバラバラの場所にいても遠隔セッションが可能です。

そんなバンドに常備したいスマートフォン周辺アイテムがJamBlaster。もう遅刻魔メンバーがスタジオに到着するのを待つ必要はありません。このデバイスに楽器とスマホを接続すれば、すぐにでも遠隔セッションを始められるのですから。

jamblaster03

jamblaster04
▲離れた場所同士で演奏できるばかりか、オンラインでレコーディングも可能。

実際の品質は使ってみないとなんとも言えませんが、セッションばかりかオンラインでのプロ品質のレコーディングにも対応すると謳っている『JamBlaster』、果たしてどれほどの実力を秘めているのか非常に気になるところ。また、4000曲以上の楽曲を練習できる教材として、さらにはオンラインでの楽器トレーニングのプラットフォームとしても使えるというのですから、その守備範囲の広さは驚きですね。

jamblaster05
▲広〜いアメリカでも遅延の少ない遠隔セッションが出来ているようです。

ネット接続ということで遅延が気になりますが、開発元によれば遅延は20ミリ秒台に抑えられるみたいです。でも、さすがにこれは地域や回線に大きく依存するでしょう。まあ、そうは言ってもアマチュアバンドや趣味で演奏するユーザーでもオンラインゲームを楽しむような感覚で遠隔セッションができたら楽しいでしょうね。実機でいろいろ試してみたいところです。

jamblaster06

ところで最初の遅刻魔メンバーのお話ですが、練習どころかライブ当日に遅れてくるほど重度でも大丈夫。やろうと思えばYouTubeでのリモートライブだってできますよ。これが「Kickstarter」では199ドルで手に入るなんて、ある意味で破格なのかもしれませんね。それでいいのか悪いのかは、また別の話だとは思いますけれど。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト

Kickstarterページ