スマートなボディを手に入れるなら、超スマートなカロリー計『Slate Scale』でしょ

がんばってダイエットしたいけど、つい食べ過ぎちゃう……というあなたの最終兵器になるかもしれません。

コンパクトで超軽量薄型のSlate Scale』は、あなたの体重ではなく、今から食べるものの重さやカロリー、栄養素などを自動で計ってくれるという、とってもスマートなカロリー計なんです。本体のスイッチを入れてスマートフォンにペアリングしたあと、スケールの上に食べ物をポンと乗せるだけ。盛り付ける食器を事前に計っておけば、お皿ごとでもちゃんと計算してくれるそうですよ。

ただし、食べ物の種類まではさすがに自動では判断できないので、アプリに用意されている膨大なデータベースから検索して記録します。リストになくてもバーコードをスキャンしてデータを追加することもできますよ。リストには脂肪やタンパク質、炭水化物といった栄養素を細く記録できるので、ダイエットだけでなく健康管理やボディコントロール全般に使えそう。アプリは目標カロリーを設定して、それに合う料理レシピまで検索できるので、何を食べるか困った時にこれでチェックしてみるのもいいかもしれません。

SlateScale03
▲小型スケールで計ったデータはスマートフォンのアプリからチェック、記録できます。

SlateScale05
▲小さくて軽くても正確にデータが計れるよう設計されています。

本体は14cm角で、厚さは1.5cmと超スリムでスマートなうえに、一度充電すれば1カ月は使い続けられるから、カバンに入れておけば、オフィスや出張、旅行なんかでも手軽に持ち歩けます。だいたい1kgの重さまでなら計れるということで、調理済みの料理というよりは、調理前の素材の段階やオヤツなんかと計るのに使うということなんでしょうか。たしかに目の前にあるオヤツを食べたいけど、何だか今日は食べ過ぎたような気がするなぁ……という時にポンと計って量を調節するといいですね。

SlateScale02
▲調理済みの料理を計るというよりは、調理前の素材や小腹が空いた時のオヤツを計るという感覚で使うようです。

食事の記録を毎回とるのはけっこう面倒だったりしますが、『Slate Scale』は重さを計るだけなので写真やメモをとるよりは実は手軽なのかも。料理や盛り付けのついでに習慣づければ、これほど頼もしいアイテムはありません。

SlateScale04
▲1カ月充電不要でカバンに入れてもジャマにならないほどのコンパクトさがウリ。

現在進行中の「Indigogo」キャンペーンでもけっこう人気で、格安プランのいくつかはすでに締め切られていますが、まだ59ドルから手に入れられます。気になる人は早めにチェックしてみてくださいね!

 

文/野々下裕子

関連サイト

Slate Scale製品情報
Indiegogoページ