Google × スター・ウォーズ!定番サービスのインターフェースを変えてみた

フォースに応じてGoogleサービスが変化するんです。

11月23日、Googleにスター・ウォーズ特設サイト「内なるフォースの覚醒」がオープンしましたよ。早速その模様をお届けしましょう。まずアクセスすると、ライトサイドかダークサイドのどちらに所属するかを決めます。

002
▲タブレットやPC、スマートフォンなどあらゆる端末でのGoogleサービスに対応予定とのこと。

ルーク・スカイウォーカー至上主義の筆者としましては、ぜひもなくライトサイドを選択しました。

003 004
▲ライトサイドの一員になれました!

ライトサイドの一員となったので、Googleの各種サービスがスター・ウォーズのライトサイド仕様になります。どの辺が変わっているかというと……。

005
▲まずはGmail。読み込み時間を表示するバーがライトセーバーになり、壁紙がスター・ウォーズ仕様に!それ以外は特に変わった様子はありません。

006
▲次にGoogle Chromeです。こちらは機能拡張があるのでそれを追加しましょう。

007
▲新しくタブを開くと、スター・ウォーズの写真が表示されて、ウィンドウごとにライト/ダークサイドを選択できます。

008
▲Googleマップでは、ストリートビューの方向を示す人型のアイコンが、X-WINGのパイロット(ライトサイド)になっていました。

次はスマートフォンで試してみましょう。

009
▲GmailやChromeはイマイチ何が変わったのかよくわかりませんでしたが、Googleマップでは、ナビを起動するとこちらもカーソルがX-WINGに変化しました。

010
▲ちなみにAndroid Wearをタップし、Google Appsに移動した場合ですが、日本ではまだ未対応なようです。

と、いろいろ、これからな部分もありますが、結構楽しげです。ファンでなくても、試してみる価値はありそうです。タダですしね。あ、ちなみにサイドの変更は簡単にできるので、あまり悩まなくても構いません。まあ、アナキン・スカイウォーカーも、ダークサイドに落ちたりもしたけど、最後は皇帝を裏切って、ジェダイに戻ったりしたので、そういうことなんでしょうね。

011
▲ライトサイドとダークサイドは、出入り自由。とりあえず、どちらも試してみるのが良いかと。

012 013
▲ダークサイドはこんな感じ。

皆さん、ご自分でぜひ試してくださいね。

 

文/岡安学

関連サイト

内なるフォースの覚醒