これはデジタル化が捗る。クラウド連携が超進化したScanSnapは今までとまるで別物だった

ワンプッシュでクラウドに。自動で振り分けてくれる新サービスが登場

2015年11月25日、PFUは、個人向けドキュメントスキャナ『ScanSnap iX500』『ScanSnap iX100』と連携するクラウドサービス「ScanSnap Cloud」を発表し、提供を開始しました。

Scansnap002
▲発表会の様子。

この「ScanSnap Cloud」は、PCやスマートフォンを起動することなく、スキャンした文書をそのままDropbox、Evernoteなどの各種クラウドサービスへアップロードしてくれるサービスです。ScnaSnapから無線LAN経由でPFUのサーバへと一旦アップロードし、各種クラウドサービスへ振り分ける仕組みになっています。追加費用は掛からず、無料で使えるのがポイント。既存の『ScanSnap iX500』『ScanSnap iX100』ユーザーは、ファームウェアのアップデートをすれば、利用できちゃいます。

スゴイのは、文書、名刺、レシート、写真を自動で判別し、それぞれを好みのクラウドサービスに振り分けてくれるところ。たとえは、文書はEvernote、写真はDropbox、と言った具合です。「ScanSnap Cloud」開始時点で利用できるクラウドサービスは以下の11個。4つのジャンルに分けられていますが、もちろんDropboxに写真をアップロードするように設定もできます。

■文書管理向け
Dropbox
Evernote(Evernote Businessは非対応)
Google Drive
OneDrive(OneDrive for Businessは非対応)

■資産管理向け
freee
Dr.Wallet
STREAMED
MFクラウド会計・確定申告(2015年12月上旬対応予定)
弥生会計(2016年対応予定)

■名刺管理向け
Eight

■写真管理向け
Google Photos

と言うわけで、『ScanSnap ix100』で実際に「ScanSnap Cloud」を試してみました。
まずは初期設定。ScanSnapを無線で利用できるようにする必要があり、設定はPCや、スマホアプリから行なえます。今回はiPhoneでやってみました。ルーターとの接続は順番に進めるだけなので割愛。無線の設定が終わると、保存先のクラウドサービスを選択することになります。

Scansnap003 Scansnap004
▲アップロード先は自分で設定できます。全て同じクラウドサービスにすることも。連携できるクラウドサービスがもっと増えたら、より便利になりそうですね。

Scansnap005Scansnap006
▲読み取り時のファイル形式や圧縮率など、細かい設定も可能。文書、名刺、レシート、写真のそれぞれに設定できるので、レシートは白黒でファイルサイズを小さめに、写真は圧縮率低めに、といったように好みに合わせて変更できます。

Scansnap007 Scansnap008
▲スキャンしたデータは、一旦PFUのサーバへ。ここでは、スキャンしたデータを一覧できます。なお、サーバには2週間だけデータが残るそうなので、セキュリティ的にも安心ですね。

あれこれ試してみましたが、自動判別の精度がかなり高く、40個の原稿(レシートやら名刺やら)をスキャンして、うまく判別できなかったのは1つだけ。何でもかんでもデジタル化したい人には、最強のサービスですねこれは。

これまでもScanSnapとPCやスマホを組み合わせて使えば、各種クラウドサービスと連携することはできましたが、「ScanSnap Cloud」なら本当にワンプッシュするだけ。ついに貯まりまくった名刺をデジタル化するときが来たようです……。

Scansnap009

関連サイト

PFU公式サイト