無印良品の“LED電球型Bluetoothスピーカー”は2つ買え! なぜなら……

2つの同製品を併用することで、ステレオスピーカーになるのです。

いきなり種明かしをしてしまいましたが、無印良品の新作LED電球型Bluetoothスピーカー(MJ-BL1)を買うなら、2個買いでステレオ化するのがオススメです。照明器具やシーリングライトと兼用できるスピーカーはすでにいくつもリリースされているものの、モノラルだとなんだか物足りないと感じることってありますものね。

muji_led_sp02
▲電球ソケットがそのまま使えるので、配線不要で置き場所も取らないのがこのタイプのスピーカーの長所。

この製品に限ったことではありませんが、照明一体型スピーカーって、場所を取らずに部屋がすっきりした印象になるのが大きなメリット。ルームライトの電球を置き換えるも良し、ダクトレールなどで天井から下げることで、頭上から音のシャワーが降り注ぐ空間を作ることだって可能です。

ちなみにこの『MJ-BL1』の場合、ボール球の電球が入る照明器具で利用でき、口金はE26タイプ。音楽再生時の消費電力は7Wで、明るさ100ルーメンの電球色タイプとのこと。また、オーディオ機器やスマートフォン等との接続はBluetooth 4.1、A2DPとAVRCPの各プロファイルに対応しています。

muji_led_sp03
▲音質よりお部屋をスッキリさせたい人にピッタリかな。

スピーカーとしての音質やパワーについては、実物を試してみないことにはなんとも言えませんが、どちらかというとオーディオ好きのためのアイテムというよりは、インテリアにひと工夫したい人に向けた製品ですね。お値段は1個9800円とちょい高め(?)ですけれど、12月1日(火)までは無印週間なので、無印良品メンバーなら10%オフで購入できますよ。

 

文/ワタナベダイスケ

関連ページ

商品ページ(無印良品ネットストア)