うわーっ本物のエアギターだぁー! ギンギンに音が出るぞぉぉ!

今すぐコレ持って一人カラオケに行くっきゃないだろ!

かつては楽器が演奏できない人の代名詞として、ネガティブに捉えられがちだったエア・ギター(ようするにギターの弾き真似)が、世界でも知られる日本人プレイヤーの出現などもあって認知されるようになってきたのはここ10年くらいのお話。そしてついに、実際に音が出るエア・ギター電子楽器『Kurv Guitarの登場です。

airguiter02
▲両手に装着するだけで、「エア・ギター」が「ガチ・ギター」に!

それではさっそく、「オレがカートだ!」「アタシもカートよ!」と言わんばかりに『Smells Like Teen Spirit』が炸裂する、本製品のプロモーション映像をどうぞ。

左手に装着するパッドはフレットのかわりに8点タッチのセンサーを備え、右手のピッキングと連動しながら単音、コードの演奏ができます。さらに指の動きでチョーキングやビブラート、オクターブ上の音階を再現することも可能とのこと。ちなみにこれって、カート・コバーンごっこやジミヘンごっこをする際には左右逆に装着してもいいんでしょうかね。

airguiter03
▲この他にも開発キットを使って打楽器やバイオリンの音色を作成できるという。

音色はエレキギターだけでなく、ベースやアコースティックギターに切り替えられるので、洋楽ロックフェスごっこはもちろん、アコギをかき鳴らしながらの長渕剛ごっこもできるはずですよ、セイッ!

airguiter04
▲楽曲ダウンロード、Kurv Guitarとスマホ、オーディオとの接続の流れ。

「でも結局エア・ギターのお手軽さが損なわれているんじゃないの?」と思うなかれ、実は楽曲データをダウンロードすることで、プレイヤーのジェスチャーに合わせて曲中のサウンドが出る仕組みが用意されています。楽曲はローリング・ストーンズやビートルズ、KISSにAC/DC、ボン・ジョビやらオアシス、果てはコールドプレイにテイラー・スウィフトまで何でもござれ。

airguiter05

「Kickstarter」でのお値段は150ポンド(アーリーバードなら120ポンド)より。キャンペーンが始まってわずか数日ですが、すでに目標金額の3分の1を達成しているのでまずまずの出足。お届けは2016年9月とちょっと先のことにはなってしまいますが、音楽を聴いているとついついカラダが動いてしまうという人にはオススメできそうなアイテムです。

 
文/ワタナベダイスケ

関連サイト

Kurv Guitar製品情報Kickstarterページ