海外ブランドはどんな音?世界のオーディオに耳を傾けてみよう【米国編】

各国の名オーディオメーカーから、最新テクノロジーという糸で紡いだ珠玉のサウンドアイテムが次々と到来している。いずれもハイファイ志向が強く、ブランドを代表する個性とクオリティの持ち主だ。

【米国オーディオブランドのポイント】

かねてからホームオーディオ、ホームシアター人気が強い国だが、昨今はポータブルオーディオでも盛り上がりを見せている。Beatsのように、新興勢力ながら市場を席巻するほどのサウンドを作り出したメーカーもあるほどだ。

ド派手なイルミネーション付きスピーカーが空間をダンスフロアに変える

JBL
PULSE2
実勢価格:2万7950円

U001

ライブハウスやクラブの雰囲気を、自宅でもハイファイに再現する唯一無二なBluetoothスピーカー。全8種類のイルミネーションプログラムで、音楽を視覚的に彩る。コンパクトだがパッシブラジエーターにより低域の量感も確保。IPX5の防水機能も備える。

SPEC
ユニット口径:45mm×2 重量:775g 防水 約10時間連続再生

U002
▲暗い空間に映えるブラックボディのほか、明るい場所にスッと溶け込むシルバーボディも選べる。ライトイルミネーションの性能やプリセット、スピーカー設計など中身は同一だ。

U003
▲壁紙、服、スマホの画面などセンサーに写った対象物から色を読み取れる、「JBLプリズムカラーセンサー」を搭載。好きなカラーリングのイルミネーションを周囲に広げていける。

36万円のSHURE新作は、世界初のポータブルコンデンサー型イヤホンシステム!

SHURE
KSE1500
予想実勢価格:36万円前後 2015年12月末〜2016年1月発売予定

U004

インナーイヤーでは無理だと思われてきたコンデンサー型ドライバーを堂々と採用。専用アンプで駆動させた時のサウンドは、緻密な音が細かく動き回るのを表せるしなやかさがあり、フラットさも従来機を遙かに凌駕する。

SPEC
再生周波数帯域:10〜50000Hz ハイレゾ再生対応:最大96kHz/24bit

U005
▲コンデンサードライバーを駆動するために、デジタル接続が可能な専用のアンプユニット。DACは96kHz/24bitまで対応する。

クリプシュが繰り出す初のWバランスドアーマチュア

クリプシュ
X20i
実勢価格:7万8620円

U006

復刻されるほどの人気を誇った『X10』の流れを汲む、世界最小プレミアムイヤホン。2WAYのBAドライバーで、ハイレゾサウンドも立体感豊かに奏でる。わずかな歪みも排除するAcuPassテクノロジー採用。

SPEC
バランスドアーマチュア×2 再生周波数帯域:5〜40000Hz

U007
▲SSMCXコネクタを採用したリケーブル対応モデル。ハウジングではなくリモコン部から交換できるのは珍しい。分離感を高めるバランス接続にも対応する。

 

文/武者良太 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

『PULSE2』製品情報ページ
『KSE1500』製品情報ページ
『X20i』製品情報ページ