スター・ウォーズもいいけどスタートレックもね。転送装置型コースター

「スコッティ、転送してくれ!」

スター・ウォーズと並び、アメリカのSF映像作品の双璧をなすのが「スタートレック(宇宙大作戦)」のシリーズ。2009年からのリブート版映画の監督を務めたJ・J・エイブラムスは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の監督として引き抜かれちゃいましたが、続編はどうなるんでしょう。心配です。

stbeamcoaster02 stbeamcoaster03
▲直径およそ9cm。お気に入りのキャラのフィギュアを乗せてもいいかも。

それはさておき、劇中の小道具を模したグッズが数多くリリースされているスタートレックのアイテム、今回はおなじみの『転送装置』をモチーフにしたコースターのご紹介。

内蔵LEDで発光するのは予想通りとしても、転送時の独特な「ぴゅううぅぅぅ(キーン)」というサウンドを鳴らせるのが特徴。しかもエンタープライズから転送するときと、外から転送装置で帰艦するときの2種類の音色を再現……って芸が細かすぎる仕様です。まあ、わかる人も多くないマニアックな機能ではありますが。

とはいえ、その価値を理解できる者にとって、29.99ドル(3700円くらい)という価格は安いと言えるかもしれませんね。キャラクターグッズをたくさん取り扱っている米Thimkgeekで購入すれば、日本への転送、いや発送もOKです。

スター・ウォーズばかりが盛り上がる昨今ですが、「キャプテン・ソロよりキャプテン・カークが好き」「デススターよりボーグ・キューブの方が強いはず。抵抗は無意味だ」とお考えのトレッキーの皆さん、ぜひともスタートレック・グッズを揃えてSWファンに立ち向かって下さいね。Beam me up!

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト

Thinkgeekの商品ページ