安いうえに高性能! お買い得SIMフリースマホ教えます【3万円前後モデル編】

3万円前後モデルはSIMフリーのボリュームゾーンで買いやすさと性能を両立

傾向:差別化が難しいがコスパの良いモデルが揃う

SIMフリースマホの激戦区となっているのが3万円台だ。手頃な価格の半面、普段使いには十分な性能を出せることもあって、多数のメーカーが参戦している。スペック的には、ミッドレンジモデルが中心。Snapdragonで言えば400番台を使うことが多く、RAMも2GB程度が一般的だ。どこにコストをかけるかで、端末ごとの売りが異なってくる。

02
▲5型のHDディスプレイを搭載している端末が多く、ボディもプラスチック素材であることが一般的。こうしたスペックは横並びになりがちだ。その中でも、差別化をするため細かな機能に違いがある。

関連記事
安いうえに高性能! お買い得SIMフリースマホ教えます【4万円台モデル編】
安いうえに高性能! お買い得SIMフリースマホ教えます【5万円以上モデル編】

Acer Liquid Z530

エイサー
端末価格:2万9160円

03

自撮りに強く、音質にも優れる

800万画素の高画質インカメラを搭載し、音楽再生はDTSStudio Soundに対応。Wi-Fi接続するPCから操作できる「AcerEXTEND」も利用可能。ホワイトは日本限定だ。

■スペック
CPU:クアッドコア 1.3GHz
カメラ画素数:800万画素
液晶サイズ:5型HD
バッテリー:2420mAh
OS:Android 5.1
サイズ:W70.3×H144.7×D8.9mm
重量:145g
インカメラ画素数:800万画素
メモリ:2GB/16GB/最大32GB(RAM/ROM/microSD)
SIMスロット数:1(micro)
通信方式:LTE/W-CDMA/GSM

■ここが○

ハイレゾ再生に対応しサウンドもクリア
04

▲外付けDACや対応イヤホンを接続すればハイレゾ音源も楽しめる。DTS Studio Soundに対応しており、端末だけで音に奥行きを出す。

■ここが△

メインカメラの画質にもう一歩進化が必要
05

▲インカメラが広角で800万画素なのは評価できるが、メインカメラにも一工夫欲しい。暗い場所だと、ややノイズが多いのも気になる。

ZenFone 2 Laser【IIJ限定色:パープル】

ASUS
端末価格:3万24円
06

レーザーAF採用でコスパは健在

『ZenFone 2』のミッドレンジ版という位置付けだが、カメラにはレーザーAFを採用。ピント合わせが速く画質も高い。多数のMVNOに採用されており、カラバリが豊富なのも選ぶ際にうれしいポイント。

■スペック
CPU:クアッドコア 1.2GHz
カメラ画素数:1300万画素
液晶サイズ:5型HD
バッテリー:2400mAh
OS:Android 5.0
サイズ:W71.5×H143.7×D3.5~10.5mm
重量:145g
インカメラ画素数:500万画素
メモリ:2GB/16GB/最大128GB(RAM/ROM/microSD)
SIMスロット数:2(micro×2)
通信方式:LTE/W-CDMA/GSM

■ここが○

カメラの性能がクラストップ
07

▲レーザーAF採用で、1300万画素のカメラを搭載している。3万円前後のモデルで、このスペックを実現しているのは珍しい。

■ここが△

サイズ感が一回り大きく評価が分かれるところ
08

▲「戻る」や「ホーム」などのキーが、画面外に静電容量式のタッチキーとして配置されている。画面が広く使える半面、誤操作もある。

 

arrows M02

富士通
端末価格:3万3334円

09

日本仕様が充実で使いやすい

米国防総省の調達規格を満たすMIL規格に準拠しており、防水はもちろん耐衝撃性も備える。おサイフケータイにも対応。ミッドレンジだが、付加機能が充実した使いやすい1台だ。

■スペック
CPU:クアッドコア 1.2GHz
カメラ画素数:810万画素
液晶サイズ:5型HD
バッテリー:2330mAh
OS:Android 5.1
サイズ:W68.9×H141×D8.9mm
重量:149g
インカメラ画素数:240万画素
メモリ:2GB/16GB/ 最大64GB(RAM/ROM/microSD)
SIMスロット数:1(nano)
通信方式:LTE/WCDMA/GSM

■ここが○

おサイフケータイ対応なのがうれしい
10

▲SIMフリースマホではまだ珍しいおサイフケータイ対応。この価格帯で対応している唯一のスマホで、高く評価できるポイントだ。

■ここが△

UIが少々特殊でレスポンスもあと一歩
11

▲アプリ一覧がウィジェット形式とやや特殊。レスポンスも、不満を抱くほどではないが、他のミッドレンジよりややスローな印象も。

 

HTC Desire 626

HTC
端末価格:3万2184円
12

ポップなツートンカラーで好バランス

上位機の『Desire EYE』からデザインテイストを受け継いだモデルで、ポップなツートンカラー採用。1300万画素カメラを搭載しているのも、3万円台のモデルの中では売りになる。バッテリーの持ちも良好だ。

■スペック
CPU:クアッドコア 1.2GHz
カメラ画素数:1300万画素
液晶サイズ:5型HD
バッテリー:2000mAh
OS:Android 5.1
サイズ:W70.9×H146.9×D8.19mm
重量:140g
インカメラ画素数:500万画素
メモリ:2GB/16GB/最大200GB/100GB(RAM/ROM/microSD/Googleドライブ)
SIMスロット数:1(nano)
通信方式:LTE/W-CDMA/GSM

■ここが○

オプションのドットビューケースで閉じたまま使える
13

▲HTCスマホでおなじみの「ドットビューケース」は、この機種にも対応。閉じたまま時刻や天気などが分かり、デザインと機能を両立。

■ここが△

数値より上位機と差があるカメラ
14
▲画素数を見ると『DesireEYE』と同じカメラという印象を受けるが、画質は残念ながら及ばない。インカメラも過度な期待はNG。

文/石野純也 撮影/江藤義典

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

Acer Liquid Z530製品情報
ZenFone 2 Laser製品情報
arrows M02製品情報
HTC Desire 626製品情報