15の機能が1つになった最強のIoTプラットフォーム『MATRIX』

“IoT”ってイマイチよくわからなくても、これで目覚めるかもしれませんよ。

あらゆるデバイスや場所をインターネットにつなげてしまうスマートなIoTプラットフォーム『MATRIX』がとにかく多機能・高機能なんです。本体にはカメラやマイク、モーションセンサー、温度計、そしてオンボードコンピュータなど15もの機能が、搭載されてます。例えば、人の顔や動きを読み取ってドアを開けたり、気温に合わせてエアコンや照明を自動コントロールしたり、声を使ってメッセージを発信したり──アイデア(と機材)次第でいろいろなことを実現できるのです。

MATRIX01+
▲手のひらに乗るDVDディスクほどの大きさで、壁やドアに直接取り付けたり、スタンド置きでも使えます。

MATRIX02
▲コンパクトながらIoTに必要な様々な機能が15も搭載されてます。

開発したADmobilize社は、ビーコン(Beacon)デバイスも作っている会社なので、NFCに関連する機能も実装済み。専用アプリを使って細かな設定もOKなので、スマートフォンと連動させて画面に情報を表示させたり、コミュニケーションさせたりもできるとか。複数の『MATRIX』をつなげて操作できるし、もちろん他のIoTデバイスやアプリとも連携できるから、「これ以外のデバイスはもう不要」と開発者が自信を持ってオススメしています。

MATRIX03
▲複数の『MATRIX』を連携すればさらにいろいろなことができそう。

MATRIX04
▲精密なプロダクトデザインで驚くべき高機能を実現。

Googleが買収した「Nest」のヒットでもわかるように、IoTデバイスも見た目は大事。本体のデザインはシンプルで、リング状に配置されたLEDライトはマルチカラーで光らせることもできます。またニーズに合せて表側のデザインは変更可能と、細いところも行き届いた仕様です。

製品ビデオでは、ホームユース以外に店舗や工場などのビジネスユースにも十分対応できる機能があると紹介されてますが、手のひらに乗るほどのサイズなので、カウンターやテーブルの上、壁に設置しても目立たず、空間にフィットしてくれそうですね。

こんな高機能なデバイス『MATRIX』は「Kickstarter」で12月11日までキャンペーン中。1台199ドルから手に入れられますよ。

 

文/野々下裕子

関連サイト

Kickstarterページ
ADmobilize社