2015冬の決定版はこれ!今買うべきパソコンを厳選【高スペックノート編】

気軽に移動できる上、機能・性能に大満足!

性能重視で考えるならデスクトップを選ぶのが正解だが、一度置いたら気軽に移動できないのが悩みどころ。自室で使うのがメインだけれど、たまにはリビングに移動して気分を変えて使いたいことがあるというのであれば、大型の高性能ノートPCがおすすめだ。性能はデスクトップより多少劣るものの、一体型とほぼ同等。バッテリーを内蔵しているので、使いながらでも気軽に移動できるのがメリットだ。

CPUが高速なのは当然だが、このクラスになると2560×1440ドットの高精細液晶や、高音質スピーカー搭載モデルも多い。中にはハイレゾ再生に対応したものや、低音に強いウーファを備えたものまで登場している。機能面でも満足できるのが、高スペックノートの魅力だ。

PC選びの基本
【モバイル】
屋内外を問わず使いたい人に
外出時にも持ち歩いて使いたければ、1kg以下の軽量モデルが最適。特にタブレット型なら、出先でもサッと取り出して使えるのが便利だ。旅行や出張のお供として持っていくなら、ノート型。長期滞在ならメインPCとしても使える光学ドライブ内蔵モデルが良い。

【高スペックノート】
場所も性能も妥協したくないなら
自室やリビングなど、家の中で場所を選ばず使いたいなら、メインPCとして使える高スペックモデルが向いている。このクラスになると、高精細液晶や高音質スピーカーを搭載するモデルが多く、デスクトップに勝るとも劣らない性能を備えている。

【デスクトップ】
何でもPCでこなしたい人には
重たく気軽に移動できないため、使う場所は限られてしまうが、その分、高性能・高機能なのが一体型デスクトップ。特にテレビ機能内蔵モデルは、テレビとPCとを1台で済ませられるのがうれしい。また本体が大きいだけに、高音質スピーカーを搭載していることも多い。自室での自分専用機、一人暮らしの1台として最適だ。

 

キーボードの細部までこだわり抜いた!

富士通
LIFEBOOK AH77/W
実勢価格:21万5780円

20151207_PC2_001

高速なクアッドコアCPUはもちろん、ハイレゾスピーカーを搭載するなど、性能だけでなく音質まで追求した1台。さらにキーボードは傾斜や形状に工夫するだけでなく、場所によって3段階に重さを変えるほどこだわっている。

SPEC
CPU:Core i7-6700HQ(最大3.5GHz、4コア/8スレッド) メモリ:8GB ストレージ:1TB HDD ディスプレイ:15.6型タッチ対応液晶(1920×1080ドット) サイズ:W378×H25.4〜27.4×D256.0mm 重量:2.5kg インターフェイス:USB 3.0×3、USB 2.0×1、SDカードスロット×1、HDMI出力×1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠)、Bluetooth 4.1 バッテリー駆動時間:約2.6時間 光学ドライブ:BD

20151207_PC2_002
▲電子マネーなどが利用できるNFCを備える。「My Cloud」と連携し、スマホからの写真転送などにも対応。

20151207_PC2_003
▲キートップは指にフィットするよう中央をわずかに凹ませ、タイピングがしやすいよう配慮されている。

【ココが買いの理由】

ノートでハイレゾが楽しめる
ハイレゾ再生に対応した高音質のオンキヨー製スピーカーを搭載。今まで聞こえなかった音の重なりがしっかりと分わかり、よりリアルな音で楽しめる。もちろん、ヘッドホン端子もハイレゾ対応だ。

20151207_PC2_004
▲ノートPCながらも、外付けスピーカーを使うことなくハイレゾ再生に対応。高音質を手軽に楽しめる。

 

4K液晶×4コアCPUのフラッグシップモデル

東芝
dynabook T95/TG
実勢価格:22万5540円

20151207_PC2_005

4K液晶に4コアCPU、さらに大容量と速度を両立した1TBのSSHDを搭載したハイエンドノートPC。特に液晶は1台ずつ色調整済みなので、写真や動画を自然な色合いで表示できる。

SPEC
CPU:Core i7-6700HQ(最大3.5GHz、4コア/8スレッド) メモリ:8GB ストレージ:1TB SSHD ディスプレイ:15.6型タッチ対応液晶(3840×2160ドット) サイズ:W380×H24.5×D259.9mm 重量:2.4kg インターフェイス:USB 3.0×4、SDカードスロット×1、HDMI出力×1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠)、Bluetooth 4.0 バッテリー駆動時間:約3.5時間 光学ドライブ:BD

20151207_PC2_006
▲harman/kardonスピーカーを装備し、ノートPCながらも高音質。低音から高音まで、素直な音で再生できる。

20151207_PC2_007
▲テンキーまで備えたフルキーボードを採用。キーピッチは約19mmと広く、タッチタイプも余裕。ストロークも約1.5mmと十分だ。

【ココが買いの理由】

3840×2160ドットで細部まで表示
15.6型で3840×2160ドットなので、目を近づけてもドットの粒がほとんど見えないほどの高精細。デジカメの写真を表示しても細部まで潰れず、くっきり表示できるのがうれしい。色再現性も◎。

20151207_PC2_008
▲1台ずつ色調整された4K液晶。解像度が高いだけでなく、色にもこだわりがある。

 

低音に強いウーファや3Dカメラなど機能面が充実!

NEC
LAVIE Note Standard PC-NS850CAB
実勢価格:24万4180円

20151207_PC2_009

第6世代のデュアルコアCPUに加え、4K液晶を搭載した高スペックモデル。ノートとしては珍しくウーファを搭載し、映画などを迫力ある低音が楽しめる。3Dカメラを内蔵し、顔認証でサインインできるのが便利だ。

SPEC
CPU:Core i7-6500U(最大3.1GHz、2コア/4スレッド) メモリ:8GB ストレージ:1TB SSHD ディスプレイ:15.6型タッチ対応液晶(3840×2160ドット) サイズ:W382×H26.2×D270mm 重量:2.7kg インターフェイス:USB 3.0×3、USB 2.0×1、SDカードスロット×1、HDMI出力×1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠)、Bluetooth 4.0 バッテリー駆動時間:約4時間 光学ドライブ:BD

20151207_PC2_010
▲キーボードは防滴構造を採用。飲み物をこぼしても内部に入りずらく、シャットダウンする余裕ができる。

20151207_PC2_011
▲YAMAHAの高音質なステレオスピーカーに加え、底面にウーファを装備。ノートPCで弱い低音を補ってくれる。

【ココが買いの理由】

顔認証で瞬間サインイン
Windows 10でサポートされた生体認証機能の「Windows Hello」が使える3Dカメラを装備。PCの前に座るだけでユーザーを識別し、パスワード入力なしにサインインできるのが便利だ。ロック画面の解除も可能。

20151207_PC2_012
▲3Dカメラは顔認証だけでなく、立体スキャンやジェスチャー操作なども利用できる。

 

文/宮里圭介 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

『LIFEBOOK AH77/W』製品情報ページ
『dynabook T95/TG』製品情報ページ
『LAVIE Note Standard』製品情報ページ