2015冬の決定版はこれ!今買うべきパソコンを厳選【デスクトップ編】

テレビまで視聴可能! 最強の個人専用機になる

ノートのように持ち歩くことはできないが、大きな画面と高い性能で、ストレスなく使えるのが一体型デスクトップの特長。特にテレビチューナーを内蔵したモデルなら、テレビとPCとを1台で済ませられるのがうれしい。また、HDMI入力を備えていればゲーム機なども接続できるだけに、個人専用機や、ひとり暮らし用のPCとしておすすめだ。

性能を重視するならデュアルコアではなく、より高速なクアッドコアCPUを搭載したモデルが狙い目。また、テレビ機能を重視するなら「DA970CAB」のように4番組同時録画に対応したモデルを選ぶというのもありだろう。

サイズが大きいだけに、高音質スピーカーを搭載している機種も多い。最近ではハイレゾ再生に対応したスピーカーも増えてきており、本体だけで立体感のある音が楽しめる。また、外部スピーカーとして使える機能があれば、音楽プレーヤーでの再生を高音質で楽しめる。充実したA&V機能も一体型のメリットだ。

PC選びの基本
【モバイル】
屋内外を問わず使いたい人に
外出時にも持ち歩いて使いたければ、1kg以下の軽量モデルが最適。特にタブレット型なら、出先でもサッと取り出して使えるのが便利だ。旅行や出張のお供として持っていくなら、ノート型。長期滞在ならメインPCとしても使える光学ドライブ内蔵モデルが良い。

【高スペックノート】
場所も性能も妥協したくないなら
自室やリビングなど、家の中で場所を選ばず使いたいなら、メインPCとして使える高スペックモデルが向いている。このクラスになると、高精細液晶や高音質スピーカーを搭載するモデルが多く、デスクトップに勝るとも劣らない性能を備えている。

【デスクトップ】
何でもPCでこなしたい人には
重たく気軽に移動できないため、使う場所は限られてしまうが、その分、高性能・高機能なのが一体型デスクトップ。特にテレビ機能内蔵モデルは、テレビとPCとを1台で済ませられるのがうれしい。また本体が大きいだけに、高音質スピーカーを搭載していることも多い。自室での自分専用機、一人暮らしの1台として最適だ。

 

液晶テレビ「REGZA」譲りの映像技術を搭載

東芝
dynabook D81/TB
実勢価格:23万7380円

20151207_PC3_001

ダブルチューナーで2番組録画に対応するだけでなく、「REGZA」の映像技術による色鮮やかな高画質を実現したA&V PC。ハイレゾに対応したオンキヨー製スピーカーを搭載し、映像だけでなく音も高品質に楽しめる。

SPEC
CPU:Core i7-4710MQ(最大3.5GHz、4コア/8スレッド) メモリ:8GB ストレージ:3TB HDD ディスプレイ:21.5型タッチ対応(1920×1080ドット) サイズ:W516×H365×D170mm 重量:8.0kg インターフェイス:USB 3.0×4、USB 2.0×2、SDカードスロット×1、HDMI入力×1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11ac/a/n/g/b準拠)、Bluetooth 4.0 光学ドライブ:BD テレビ機能:地上/BS/110度CSデジタル放送対応TVチューナー×2

20151207_PC3_002
▲左側面には画面オフや輝度、音量ボタンなど、操作ボタンが並ぶ。USB 3.0も2ポート装備する。

20151207_PC3_003
▲同梱されているマウス、キーボードはもちろん無線接続。キーボードは抗菌仕様で、衛生面にも優れている。

【ココが買いの理由】

電源オフからでも1秒でテレビを表示
リモコンの「TV電源」ボタンを押すと、PCの電源がオフでも約1秒で番組を表示できる「今スグTV」機能を装備。テレビ感覚で観たい番組をすぐに表示できるのが便利だ。

20151207_PC3_004
▲テレビとほぼ同じリモコンが付属。PCを使っていなくても、すぐにテレビが観られる。

 

4番組同時録画で番組の見逃しナシ!

NEC
LAVIE Desk All-in-one DA970CAB
実勢価格:25万1580円

20151207_PC3_005

3波チューナーを4つ搭載し、4番組の同時録画に対応。見逃したくない番組を全て録画できるのが魅力だ。HDDも4TBと大容量で、多くの番組を録り溜めて置ける。このほか、2.1chスピーカーや3Dカメラの搭載もポイントだ。

SPEC
CPU:Core i7-5557U(最大3.4GHz、2コア/4スレッド) メモリ:8GB ストレージ:4TB HDD ディスプレイ:23.8型タッチ対応(1920×1080ドット) サイズ:W544×H435×D250mm 重量:10.9kg インターフェイス:USB 3.0×3、USB 2.0×2、SDカードスロット、HDMI入出力×各1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11 ac/a/n/g/b準拠)、Bluetooth 4.0、有線LAN(1000BASE-T) 光学ドライブ:BD テレビ機能:地上/BS/110度CSデジタルチューナー×4

20151207_PC3_006
▲YAMAHA製の2.1chスピーカーを内蔵。独自の音響技術で、迫力の低音と臨場感ある音を再現してくれる。

20151207_PC3_007
▲HDMI入力を装備し、ゲーム機などを接続できる。画面の切り替えは、本体上部の切り替えスイッチで。

【ココが買いの理由】

3Dカメラまで搭載の多機能モデル
4チューナーや2.1chスピーカー、HDMI入力などの強力なA&V機能はもちろんのこと、さらに顔認証が可能な3Dカメラまで搭載。Windows 10の最新機能まで使えるのだ。

20151207_PC3_008
▲3Dカメラの搭載は少ないので、顔認証やジェスチャー操作が気になる人は要チェック。

 

最大でも奥行きは229mm! 大画面でも省スペース

富士通
ESPRIMO FH77/UD
実勢価格:18万4180円

20151207_PC3_009

23型の大画面ながら、最大でも229mmと奥行きが短く、置き場所を選ばない一体型モデル。いち早くハイレゾスピーカーを搭載した。前面にSDカードスロットを備えるなど、使い勝手も○。

SPEC
CPU:Core i7-4712MQ(最大3.3GHz、4コア/8スレッド) メモリ:8GB ストレージ:2TB HDD ディスプレイ:21.5型タッチ対応(1920×1080ドット) サイズ:W544×H395〜418×D158〜229mm 重量:7.2kg インターフェイス:USB 3.0×4、USB 2.0×2、SDカードスロット×1など 通信機能:無線LAN(IEEE 802.11 ac/a/n/g/b準拠)、Bluetooth 4.0、有線LAN(1000BASE-T) 光学ドライブ:BD テレビ機能:地上/BS/110度CSデジタルチューナー×1

20151207_PC3_010
▲一体型では珍しく、本体前面中央にUSB 3.0とSDカードスロットを装備。USBメモリなどの利用に便利。

20151207_PC3_011
▲番組視聴時に便利なリモコンが付属し、離れた位置から操作可能。テレビと変わらない操作感で利用できる。

【ココが買いの理由】

音質にこだわったハイレゾスピーカー
磁性流体を採用したツイーターを装備したパイオニア製スピーカーを採用。音のこもりを低減するため、スピーカーメッシュを金属製にするなど、音質にこだわりがある。

20151207_PC3_012
▲内蔵となるためさすがに低音は少し弱いが、立体感と透明感のある音は聞く価値がある。

 

文/宮里圭介 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

『dynabook D81/TB』製品情報ページ
『LAVIE Desk All-in-one』製品情報ページ
『ESPRIMO FH77/UD』製品情報ページ