今年もサンタを追跡!元祖と新興、あなたが追いかけるのはどちら?

“NORAD”と”Google”、どちらを選ぼうか本気で悩んでいます。

毎年恒例になったネット上でサンタを追跡するサイトが今年も始まっていますよ。もともとNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)がサンタの追跡を始めたのですが、実は米国のスーパーがサンタクロースのホットライン電話をキャンペーンとして設置したとき、うっかりNORADの番号と間違えてしまったことがきっかけだったとか。

当初は電話での対応でしたが、インターネットが普及してからは公式サイトが登場し、毎年クリスマスイブの夜に世界中を駆け巡るサンタがオンラインで中継されるようになりました。さらにNORADの公式サイトで使われるマップがGoogleからBingになってからは、NORADGoogleの2つのサイトでそれぞれでサンタの追跡が中継されています。

いずれのサイトもトップページに追跡までのカウントダウンがあって、アドベントカレンダースタイルのゲームや音楽など、いろいろ楽しい仕掛けが用意されています。子供はもちろん大人も楽しめますよ

santa03 santa04
▲NORADは地球やサンタ村からいろいろなコンテンツにアクセスできて、戦闘機でサンタを追跡しているシーンも見られます。

老舗NORADのサイトは今年は60周年ということで、サンタの追跡者として名前が自由に入れられる追跡証明書がサンタさんのサイン付きで購入可能。他にもオリジナルのスウェットやTシャツは子供と大人の両方でサイズもいろいろ揃っているようなので、この機会に手に入れたいところですね。

santa05
▲NORADでは追跡開始から60周年を記念したグッズも発売されています。

一方Googleのサイトはトップページがアドベントカレンダースタイル。毎日更新されるコンテンツで妖精さんたちの準備作業をお手伝いできるようになっています。Chromeブラウザ向けとAndroid版のアプリもあるので、イブ当日も忘れずにサンタさんを追っかけられそう。さらにGoogleのCardboardを使ってあそべるコンテンツも用意されてますよ。

santa06
▲Googleは追跡専用のアプリも配信されてます。さらにサンタ追跡するツールはオープンソースでも公開。

日替りコンテンツも凝っており、「学ぶ」のカテゴリーでは、世界マップから各国のサンタクロース行事について、パズルを使ってコードについてなど、いろいろ学べるようになっています。塗り絵は絶滅危惧種について学ぶことができて、さらにリンク先から寄付もできるようになっているので、それぞれどこにあるのか探してみるのも楽しそうですね。

さて、どっちを選びますか?

 

文/野々下裕子

関連サイト

NORAD TRACKS SANTA
サンタを追いかけよう(Google)