MIT、水をベースにした「スマート・バンドエイド」を開発

「痛いの痛いの、テクノロジーの地平の彼方へと飛んでいけー!」

ハイテクの殿堂、マサチューセッツ工科大学(MIT)から、電子機器を封入したまま身体にぴったりフィットできる絆創膏『スマート・バンドエイド』とも呼ぶべき技術が登場しました。あの頭痛薬の半分が「やさしさ」でできているように、これも水を元にしたゲル状素材がベースです。ぐいーっと伸縮するストレッチ性の高さも特徴なんですよ。

mit_smartbandaid02

この粘着性、伸縮性に富んだゲル状の新素材(Stretchable hydrogel)にLEDや温度センサー、そして薬品を貯蔵できるタンクなどの微細部品を内蔵することで、これまでの絆創膏や湿布にはできなかった医療処置ができるようになると期待されています。

mit_smartbandaid03

例えば、体温が上がると自動的に薬品を投与する仕組みといった機能を組み込むことが可能ですし、部品を生体適合性のあるグルコースセンサーなどで構築すれば体表だけでなく体内に用いることもできるようになる可能性も。タイマーで決まった時間に薬を投与するといった用途だって考えられますね。

こうして身体に密着するように電子機器を装着できるようになれば、医療用としての使い途以外にも身体機能の拡張としてのバイオニック技術へ応用することも可能となるかも。ウェアラブルコンピューティングの次は、肌に密着する電子機器を身につける、そんなサイボーグ風な時代が一気に到来するのかもしれません。

 
文/ワタナベダイスケ

関連サイト

MITのニュースリリース