監視カメラつき”Sphero”かな? ボール型ホームセキュリティロボット

「デス・スター」っぽく見えないこともありませんが、直径12cm弱のミニサイズ。

外出先からでもラジコン操作できるロボット型セキュリティカメラ製品にはいろいろなものがありますが(例:国産の「バイパー」フクロウ型の「Ulo」など)、コロコロ転がって移動する機動性の高さを持ち味としているのが、ボール型ロボット『センサー・スフィア(SensorSphere)です。スター・ウォーズのドロイド『BB-8』仕様のモデルもリリースされた球形トイ『Sphero』にもどことなく似ていますよね。

離れた場所からでもスマートフォンを介してリモート操作でき、家の中の状況をカメラや各種内蔵センサーで知ることができます。備え付けのスピーカーとマイクを使うことで遠隔地からのコミュニケーションも可能。ちょっとした通話機能があるのは、買い物などの場面で助かりますよね。もちろんコロコロ転がすラジコンとしても、大人から子どもまで楽しめちゃいますよ。

sensorsphere02

sensorsphere03

また、カメラに気を取られて見逃しがちなのですが、本体内部に煙センサーや室温計を備えているのも見逃せないポイント。利用シーンを紹介している公式ストーリー動画では、これによってコンロの火がかけっぱなしなことに気づくなんて場面もあります。

まだ商品化はこれからという段階のプロダクトなのですけれど、カメラだけでないホームセキュリティ機能の高さ、そしてボール型ラジコンとしての楽しさまで兼ね備えているとあって、発売されれば人気が出そうな予感がしますね。

 
文/ワタナベダイスケ

関連サイト

製品ページ
開発元のFacebook