熱い視線浴びる最新生活家電、その共通点は“動いてなんぼ”

各社ロボットを独自解釈。自由すぎる家電が大量発生

AQUAの発表会には度肝を抜かれた。多くの“地味な”シロモノ家電の発表会とは一線を画し、Appleのスティーブ・ジョブズ時代を彷彿とさせるビッグサプライズが展開されたからだ。

伊藤嘉明CEO曰く「欲しいから作っちゃいました」と、スモークとブルーライトのなかを“ランウェイ”してきた製品は、映画『スター・ウォーズ』で世界的に知られるドロイド、R2-D2型の移動式冷蔵庫。CEOならではの公私混同とも言うべき“やりたい放題”な製品も、見ている誰もがワクワクしているのだから問題ないのだろう。

今、地球上の各国ではロボットに熱い視線が向けられている。これまでは産業用の分野で活躍していたものが、2015年末を迎える今、いよいよ家庭内にも本格的に入り込んできた。そのひとつが「ルンバ」を追随する刺客として、発表から1年の時を経て発売した「ダイソン360Eye ロボット掃除機」と、「R2ーD2」型の移動式冷蔵庫だ。共通点は“動いてなんぼ”。

さらに本格ロボット時代の勢いは止まることを知らず。“動かなくてなにか問題でも?”と、人工知能を積んだロボット防犯カメラ、さらには一応“電話”とは銘打っているものの、両手足がしっかりとついた「ロボホン」など、各社ロボットを独自解釈して、自由すぎる生活家電を生み出し始めている。

“フォースの覚醒”ならぬ、“生活家電の覚醒”。“失われた20年”よろしく、いつかなにがしかの歴史エピソードで、この時代のシロモノ家電を語ることがあるならば、キャッチコピーとしてこのフレーズが添えられることだろう。

 

本物同様の1/1サイズで塗装までリアルに再現

AQUA
R2-D2型移動式冷蔵庫
実勢価格:107万7840円

20151211_robo_001

映画『スター・ウォーズ』で知られるドロイドR2-D2型移動式冷蔵庫。本物同様の1/1サイズを再現し、ルーカスフィルムのお墨付き。塗料についても徹底的にこだわり、“塗料業界のフェラーリ”と呼ばれる『武蔵塗装』製を使用する。日本で完全受注生産で12月中旬より順次出荷開始だ。

SPEC
サイズ:W650×D240×H120mm 質量:約50kg 庫内容量:約6L(350㎖缶×6本) 稼働時間:満充電時に約2時間

20151211_robo_002
▲R2-D2TMはあくまでも自走するのではなく、付属の専用リモコンで人がラジコンのように動かす。時速約1kmで家中を動き回ることができ、自身の位置まで誘導することが可能だ。

20151211_robo_003
▲頭部を左右に回転させたり、キャラクターならではの効果音、各部LEDの発光といったギミック。映画に登場するR2-D2TM同様で、まさに本物感覚。ファンでなくても欲しくなる。

【動くと何ができるの?】

冷たい飲み物を持ってきてくれる
20151211_robo_004
▲冷蔵庫内容量は約6Lで、350㎖缶が6本格納できるほか、500㎖前後のペットボトルなら4本ほど入る。冷温設定温度は、周囲気温25℃時に約7±3℃。冷えた飲み物をしっかりとキープし続けてくれる。

プロジェクターで楽しめる
20151211_robo_005
▲Android端末の「Miracast for android」を使って、プロジェクターで画面を投影。例えば流行のVOD専用アプリなどを使うことで、映画やドラマなど壁面に映して楽しむことができる。輝度は32lm、画質は720p HD、コントラスト比は80000:1。

 

従来ロボット掃除機の4倍もの吸引力が魅力

ダイソン
ダイソン 360 Eye ロボット掃除機
実勢価格:14万9040円

20151211_robo_006

独自のサイクロン機構で、従来ロボット掃除機の4倍ものパワフルな吸引力を実現する。360度カメラと赤外線センサーで常に周囲を認識し、マッピングしながら動く。ベルト駆動方式で床面を問わず、パワフルにできる。ニッケル/ブルー、ニッケル/フューシャの2色展開。

SPEC
サイズ:W230×D240×H120mm 質量:約2.4kg 稼働時間(通常清掃時):最大45分 充電時間:2.75時間

20151211_robo_007
▲内部には8つの円錐型コーンを搭載。吸い込んだ空気から遠心力で約99.99%の塵やホコリを分離。内側のサイクロン機構部から周囲のクリア瓶を外すことでゴミをラクに捨てられる。

20151211_robo_008
▲自己位置推定と環境地図作成を同時に行う人工知能「SLAM」。360度カメラと三角法などで得た周囲の環境情報を判断し、部屋の地図に対し、自分の位置を確認しながら掃除する。

【動くと何ができるの?】

部屋中のゴミを隅々まで拾い集める
20151211_robo_009
ダイソン デジタルモーターV2を搭載。小型軽量ながら7万8000回のスピードで回転し、ロボット掃除機を超えるほどのパワフルな吸引力を実現。5m×5mのエリアに区切りながら、部屋を床面をくまなく移動していく。

 

構成・文/滝田勝紀 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE) 背景CG/ツネオMP / PIXTA(ピクスタ)

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

AQUA『R2-D2型移動式冷蔵庫』製品情報ページ
ダイソン『ダイソン 360 Eye ロボット掃除機』製品情報ページ