組み合わせ自在のブロック住宅、その名も「テトリス・ハウス」

外観を見ただけで、あのロシア民謡「コロベイニキ」が脳内に鳴り響く。

まるで、落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』のブロック(テトリミノ)を模したかのような住宅テトリス・ハウス(Tetris House)が登場。ロシア建築かと思いきや、オランダのデザイナーが手がけたものだということです。もちろんブロックを組み替えて家のカタチそのものを「模様替え」できちゃいますよ。

tetrishouse06

このテトリス・ハウスでは、独立した長方形のユニットを縦横に自由に組み合わせることが可能。サンプルの組み合わせ例には、なにやら不安定そうな連結パターンも見受けられますが、きっと強度や角度などしっかり計算されているのでしょう。たぶん。

tetrishouse02 tetrishouse03

tetrishouse04 tetrishouse05

標準的な構成とした場合には175平方メートルの床面積になるとされていて、この箱型の建築物内には、バスルームやキッチンを自由にレイアウト可能。外側にもバルコニーを設置したり、窓にシャッターをつけるといったオプションも用意されるようです。

tetrishouse08 tetrishouse07

思えば日本でも、黒川紀章氏が設計した中銀カプセルタワービル(銀座)が1970年代から存在していたり、コンテナハウスが注目されたりする土壌があるため、テトリス・ハウスのコンセプトは受け入れられるかもしれません。家の外観に至るまで個性をトコトン追求したい人なら、興味をそそられてしまうのではないでしょうか。

 
文/ワタナベダイスケ

関連サイト

オランダ「Universe Architecture」の製品ページ