キーボード一体型Win10PC、思わず「本体はどこだあー!?」

家でちょっと使うだけなら、こういうのでもいいんじゃない?

いまやタブレットが一般化したWindows 10時代。PCが一体化されるのはタッチパネル対応のディスプレイ画面だけかと思っていましたが、思わぬ伏兵が登場しました。テックウインド株式会社が2016年1月中旬に発売する予定の『キーボードPC WP004』です。Windows10 Home 32bitで動作するPC機能をすべてキーボード内に内蔵した、すっきりコンパクトな製品です。

21世紀の視点で見ると珍しいですが、思い返せば1980年代のホビー向けパソコン「MSX」あたりの時代にはキーボード一体式PCも多くありました。当時を知るユーザーならむしろ懐かしく感じるかもしれませんね。ちなみにWP004を外部ディスプレイに接続する際は、HDMIもしくはVGAの端子を用います。

tkwkeyboard03

決してハイスペック機というわけではないものの、スペックは必要充分といったところ。CPUはインテルのAtomプロセッサーZ3735F、メインメモリ2GBでストレージ32GB。有線なら2基のUSB2.0ポートおよびLAN、無線もWi-FiとBluetoothでの外部接続が可能です。性能的なイメージは小型な廉価版のWindowsタブレットに近いものと思って良さそうかな。ちなみにWP004の実売想定価格は「2万円台で調整中」とのことです。

tkwkeyboard02

ノートPCにあるようなトラックパッドを備えているので、マウス不要でキーボードPCだけで動かせるのも良いですね。場所をとらないため、自宅やビジネスの様々な用途に活用できそうな予感です。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト

プレスリリース