正月休みの前に買っちゃう?2015年の最強カメラ教えます【4K動画カメラ編】

“打倒スマホカメラ”を合い言葉に多方面に進化した最新カメラ群。超大型センサー搭載機から小型モデルまで、カメラならではの画質と機能で撮る楽しさを満喫させてくれるはず!

4K動画撮影の本命は今やスチルカメラに!?

近年、動画撮影の主戦場はスチルカメラへ。特に4K動画に関してはその傾向が顕著で、ミラーレスカメラからコンパクトカメラまで、さまざまな選択肢が用意されている。

本職の4Kビデオカメラと比べて長時間記録ができない(ほとんどの製品は30分未満)、ズームレンズの動作速度が遅い(あるいは手動)などといった弱点はあるものの、大型のセンサーによる高画質やレンズ性能などではむしろスチルカメラの方が上であることが多くなっている。レンズ交換式カメラなら、背景を大きくぼかした動画など、静止画と見まごうばかりの表現も楽しめる。

被写体があまり動き回らないシチュエーションが多いのなら、断然おすすめは「本格4K動画カメラ」。メインは静止画撮影だが、ピンポイントで綺麗な動画を撮りたいという人にこそ、強くプッシュしたい。

 

レンズとボディのダブル手ぶれ補正でぶれない写真&動画を

パナソニック
LUMIX DMC-GX8 レンズキット
実勢価格:19万4400円

20151214_Camera2_001

箱形ボディに高性能を詰め込んだ「LUMIX GX」シリーズとして初めて4K動画撮影に対応。「4K PHOTO」機能を搭載するほか、この機能を駆使した「フォーカスセレクト」(ピントをずらして高速連写)も後日追加予定。撮影後に後からピント位置を変更できる。

SPEC
動画記録形式:MP4(4K/30p) 撮像素子サイズ:4/3型 有効画素数:2030万画素 レンズ:f=28-280mm相当F3.5 サイズ:W133.2×H77.9×D63.1mm 重量:487g

20151214_Camera2_002
▲上方向にスイングするEVFを搭載。カメラを腰のあたりで構えた、ローアングル撮影などで活躍する。

【ココが買いの理由】

Dual I.S.で暗所でも撮影できる
ボディ内手ぶれ補正機構と、レンズ内手ぶれ補正機構を同時に駆動させることで、これまで以上に大きな効果を得られる「Dual I.S.」が最大の売り。もちろん動画でも機能する。

20151214_Camera2_003
▲大きな角度ぶれと並進ぶれをカメラ内で補正しつつ、小さな角度ぶれをレンズ側で吸収。これにより、特に望遠撮影時の手ぶれが効果的に軽減される。

 

新型センサーが具現化する新世代撮影体験

ソニー
サイバーショット DSC-RX10M2
実勢価格:15万7240円

20151214_Camera2_004

同時発表の兄弟機『DSC-RX100M4』同様、積層型センサーを搭載。これにより4K動画撮影中に最大1700万画素の静止画を撮影できるようにしたほか、スーパースロー動画撮影(最大40倍)や、毎秒約14コマ/秒の超高速連写が可能になった。

SPEC
動画記録方式:XAVC S 4K(4K/30p) 撮像素子サイズ:1型 有効画素数:2020万画素 レンズ:f=24-200mm相当F2.8 サイズ:W129×H88.1×D102.2mm 重量:813g

20151214_Camera2_005
▲本体上部には一眼レフ機のようにサブ液晶モニタを配置。細かい撮影設定を一目で確認できる。

【ココが買いの理由】

F2.8通しのズームレンズを装備
f=24〜200mm相当の光学8.3倍ズームレンズを搭載(光学式手ぶれ補正機構付き)。全域F2.8と極めて明るいため、遠くにある被写体もクリアに捉える事ができるのが強みだ。

20151214_Camera2_006
▲自慢の大口径ズームレンズを搭載。駆動用モーターを刷新することで、ピント合わせがより高速・高精度化した。撮りたい瞬間を逃さない高級モデルだ。

 

全域F2.8の光学24倍ズームがすごい!

パナソニック
LUMIX DMC-FZ300
実勢価格:7万3350円

20151214_Camera2_007

4K動画撮影対応カメラとしてはトップクラスとなる光学24倍ズームレンズ(f=25〜300mm相当)が自慢のウルトラズーム機。驚くべきはこれほどのズーム倍率を誇りながら全域で開放F2.8を確保していること。もちろんパナソニック自慢の4K PHOTOにも対応する。

SPEC
動画記録形式:MP4(4K/30p) 撮像素子サイズ:1/2.3型 有効画素数:1210万画素 レンズ:f=25-600mm相当F2.8 サイズ:W62×H104×D98mm 重量:376g

【ココが買いの理由】

構図を乱さずに撮影できる
手持ち動画撮影中に本体を揺らさず各種操作を行なえるよう、レンズ左側面にもズームレバーなどのダイヤル・ボタン類を配置。左手でしっかりホールドしながら操作できる。

20151214_Camera2_008
▲ズームレバーだけでなくフォーカス位置の調整などを左手親指で行なえる。ダイヤルは静止画撮影時には絞りやシャッター速度の調整などにも利用可能だ。

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

パナソニック『LUMIX DMC-GX8』製品情報ページ
ソニー『サイバーショット DSC-RX10M2』製品情報ページ
パナソニック『LUMIX DMC-FZ300』製品情報ページ