テレビに挿せばPC一丁あがり! もう自宅は『Chromebit』でいいかも

でっかい本体はもういらない?

スマートフォンやタブレットもあるし、テレビだってスマートTVやセットトップボックスでインターネットにつながっていますもんね、自宅でのPCの存在感は近年薄まりつつあります。でも「たまにちょっとだけ必要になる」ということでPCを手放せないというご家庭向けには、こんなスティック型のPCがオススメかも。ASUSが2016年1月より発売する予定の『Chromebit』です。

chromebit02 chromebit03

これはテレビのHDMI端子につなぐだけで使えるPCで、ネーミングからもわかるようにGoogleの『Chrome OS』で動作します。WindowsマシンではないのでMicrosoft Officeなどは利用できませんが、Googleドライブや各種Webサービスによってワープロや表計算ができたりもするんですよ。

メインメモリ2GB、ストレージ16GBと、スペック的には高いものを期待はできないものの、Chromebit最大のメリットは幅123mm × 高さ17mm × 奥行き31mmの超小型PCであること。必要な時だけテレビをPCに変身させたり、テレビのある場所ならどこででも自分が普段使っている環境でPCが使えたりと、使い方いろいろです。

chromebit04 chromebit05

価格はおよそ2万円くらいになる見込みで、PCとしてはお手頃な感覚。OSサポートも怪しいような古いPCを惰性で使っているようなら、思い切ってコレに買い換えちゃったほうが部屋や気分もスッキリするかもしれません。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

ASUSの製品ページ