“ニコン派必携”になりそうなデジカメ用ガジェットがたったの24ドルから

これさえあれば、スマホでカメラをリモコン操作しちゃえるんです。

現在クラウドファンディング「Indiegogo」で支援を募っているPinout。これはニコンの一眼レフカメラ(と一部のコンデジ)をスマホから操作できるようにするアクセサリーなのです。お手頃価格のメーカー純正リモコンはカメラの受光部側からしか使えなかったり、向きを気にせず操作できる電波リモコンはお高かったりと、帯に短したすきに長しなものが多いのが実情でした。

Pinout05

そこで『Pinout』の出番なんですよ!

Bluetoothを使ってるのでカメラの正面や背面を気にすることなく使用可能で、24ドルからと安価。一番安いベーシックでも長時間露光やタイマー撮影に対応しており、上位のプロやフルモデルならタイムラプスや天体撮影、時間の代わりに距離をずらして撮影する“ディスタンスラプ”なんてモードも搭載してます。加えて、スマホの位置情報を写真に記録してくれるので、旅行で撮った写真を後から振り返るときにも「これどこだっけ?」ということもなくなりそうです。

Pinout02

装着はカメラの10ピンターミナルに差し込むだけでバッテリーいらずなので、いざ使おうというときにバッテリー切れで使えないということもありません。また、カメラが20m離れたらスマホやスマートウォッチに警告が出るので盗難・紛失防止の意味でも心強いですね。

Pinout03

価格は24ドルのベーシック、54ドルのプロ、89ドルのフルと3つの中から必要な機能で選択するだけ。かなり使えるアイテムそうなのですが、目標金額の2万ドルまでの道のりはかなり厳しそうなのが残念なポイントです。撮影の幅が広がるアイテムをカメラ女子、カメラ男子の皆さん、まだ1カ月以上キャンペーン期間が残っているので、応援してみてはどうでしょうか。ちなみに開発元は日本を拠点にしているようですし……。

 

文/多田祥人

関連サイト

Indiegogoページ