リュックサック命綱は、タワーマンション住民の必需品となるか?

遠足のおやつは300円まで、お家賃は300万円まで?

タワーマンションの高層階に住むというのは、シティライフにおける憧れのひとつですが、火災などが発生した時の避難経路に不安がありそう。はたして住人自身には、万が一の事態に備えることはできないのでしょうか。もしかするとリュックサック型の命綱『SkySaverが、そんな心配に答えてくれるアイテムになるかもしれません。

skysaver02

一見すると遠足に持っていくようなリュックサック風の『SkySaver』、しかし内部には高所から脱出するための命綱が収納されています。

skysaver03 skysaver04

使うためには部屋の窓際にしっかりしたフックを取り付けておく必要があるものの、このアイテムを部屋に常備しておけば、救助が遅れた場合にもビルの壁伝いに自力で脱出できるようになりますよ。

skysaver05

高所恐怖症の人には勇気の必要な脱出方法かもしれませんし、法的な制約などの詳細はわかりません。しかし、こうしたアイテムが存在しているということ自体は、ビルの高層階でお仕事や生活をしている人々にとって心強いものになってくれそう。実際の利用シーンは公式のプロモーション動画で確認してみてください。

命綱の耐荷重は30〜135Kgまで、ケーブル長は25メートル、50メートル、80メートルの3種類が用意されていて、フックの工事費などは別途かかると思われますが、価格は899ドルから999ドル(およそ10〜12万円くらい)。もしも窓から眼下を見下ろして不安になったことがあれば、検討してみても良いのかもしれないですね。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ