本日開始! ハイレゾ音源ストリーミング・サービス『Prime Seat』とは?

世界初の試み、まさに今日からはじまります。

アップルのiTunesにはじまり、多くの事業者が参入したオンラインの音楽配信サービス。2015年はApple Musicなどの定額配信サービスが話題を集めましたね。「今年は買ったCDの枚数が激減したなー」という皆さんの声が聞こえてきそう。そんななか、従来よりも高音質とされるハイレゾ音源をストリーミング配信するサービス『PrimeSeat』が本日よりスタートです。事業者はインターネットサービスプロバイダのIIJ。

primeseat03

ハイレゾ音源はデータ量が大きいため、これまでのネット配信ではダウンロード方式が主流でしたが、IIJはシンセサイザーで知られるコルグ(KORG)と提携してプラットフォームの開発にあたってきたとのこと。ハイレゾの高音質を活かして、オーケストラ演奏のようなキメ細かさが要求されるコンテンツから、H2Aロケットの打ち上げ音といったものまでをオンデマンド、インターネットラジオで配信していくとしています。

primeseat02

なお、さっそく利用してみたいというユーザーへの注意点が2点。ひとつは現状でWindowsおよびMac対応のPC向けサービスであること。モバイル等には非対応です。もうひとつは、ハイレゾの高音質を楽しむためにDSD対応のDAC(デジタル-アナログ変換回路)の利用を推奨されているということです。

ちなみにコンテンツ視聴料金は今のところは無料で、今後はコンテンツ拡充にしたがって一部有料の番組も登場してくるのだそう。本日は『開局記念! オールプログラムガイド』、『ボイス・シンフォニー・フォー・クリスマス』といった番組を無料で聴くことができます。また、12月31日21:00より『「宇宙に一番近い島」 種子島紀行』が配信されるなど、音楽ファンのみならず、宇宙ファンやテクノロジー好きからの注目も集めそうなんですよ!

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

PrimeSeat
IIJによるプレスリリース