いつかは買いたい憧れのフルサイズ。“真”のプレミアムカメラはいかが?

ライカ&ソニーから最新鋭フルサイズが発進!

昨年あたりから急激に注目度を高めつつある、フルサイズセンサー機。一眼レフなどの世界で一般的なAPS-Cサイズよりもさらに大きな(面積比約2.3倍)、旧来フィルムサイズの超大型センサーを搭載することで、ダイレクトに高画質化を追求できることが人気の秘密だ。

近年、ラインナップを急激に拡大しつつあるライカの『ライカ SL』は、同社初の“フルサイズミラーレス”カメラ。2400万画素のフルサイズセンサーと、新開発「ライカLマウント」を採用する製品で、高精細EVFや最大11コマ/秒の高速連写など、熟練ユーザーの要望に応える高水準な撮影機能を備える。

対するソニー『DSC-RX1RM2』は、フルサイズセンサーを搭載したコンパクト機。好評な先代モデルのスタイリングや光学性能を受け継ぎつつ、42メガピクセルの裏面照射型センサーや、世界初の光学式可変ローパスフィルターなど、最先端テクノロジーを満載している。

妥協なき高性能・高画質と先進性を備えた新たな選択肢

ライカ
LEICA SL(TYP601)
実勢価格:99万3600円
※レンズ『ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.』は別売。(実勢価格:66万9600円)

20151222_PremiumCamera_001

背面ジョイスティックやダイヤル部意匠などに中判カメラ『ライカS』の面影を残しつつ、直線的でモダンなデザインを採用した新ライン。プロの要求に応える優れた基本性能に加え、Wi-FiやGPSなどの付加機能も充実する。

SPEC
撮像素子:フルサイズ 有効画素数:2400万画素 レンズマウント:ライカLマウント 最大ISO感度:50000 サイズ:W147×104×D39mm 重量:847g 動画撮影:4K/30p

大きく高精細な電子ビューファインダー
20151222_PremiumCamera_002
▲新開発の440万ドットの高精細EVFを搭載。表示倍率0.8倍とクラス最高峰の見やすさを誇る。

上面にモノクロの液晶モニタを配置
20151222_PremiumCamera_003
▲撮影設定や残り記録枚数などを即座に確認できる、サブ液晶モニタを本体天面に搭載している。

タフな構造でアウトドアにも向く
20151222_PremiumCamera_004
▲本体各所に徹底的にシーリングを施すことにより、本格的な耐久性・堅牢性を持たせている。

レンズマウントはライカLマウント
20151222_PremiumCamera_005
▲新開発の「ライカLマウント」。従来「ライカTマウント」と同口径のため、それらのレンズも装着可能。

本格的な4K動画撮影にも対応
20151222_PremiumCamera_006
▲4K動画(3840×2160/30fps)の撮影に対応。内蔵HDMI端子を使った外部出力もできる。

オプションでハンドグリップを用意
20151222_PremiumCamera_007
▲縦位置撮影時にカメラをしっかりホールドできる、専用ハンドグリップもオプションに登場する。

 

『α7R II』に匹敵する圧倒的な解像感を発揮!

ソニー
サイバーショット DSC-RX1RM2
実勢価格:46万3190円

20151222_PremiumCamera_008

初のフルサイズセンサー搭載コンパクト機として話題になった『DSC-RX1』(2012年)の後継機。描写力に優れたf=35mm相当/F2の単焦点レンズを受け継ぎつつ、それ以外の全ての点を最新世代にアップグレードした。

SPEC
撮像素子:フルサイズ 有効画素数:4240万画素 レンズ:f=35mm F2 最大ISO感度:25600 サイズ:W113.3×65.4×D72mm 重量:507g

α7R IIと同じ裏面照射型センサー
20151222_PremiumCamera_009
▲新開発の440万ドットの高精細EVFを搭載。表示倍率0.8倍とクラス最高峰の見やすさを誇る。

RXシリーズ初のハイブリッドAFを搭載
20151222_PremiumCamera_010
▲像面位相差AF(測距点399点)とコントラストAFを併用する高速「ファストハイブリッドAF」に。

小型ボディにEVFも内蔵
20151222_PremiumCamera_011
▲ワンタッチでポップアップと収納ができるEVFを内蔵。視認性を高めるアイピースカップも付属。

画像処理エンジンを最新世代に一新
20151222_PremiumCamera_012
▲4000万画素オーバーの情報を高速処理できる最新世代の映像エンジン「BIONZ X」を採用。

世界初の光学式可変ローパスフィルター
20151222_PremiumCamera_013
▲独自構造のローパスフィルターを搭載し、電子的にこれをオン/オフできるようにした(世界初)。

チルト液晶でアングルが自在
20151222_PremiumCamera_014
▲先代『RX1』で固定式だったモニタがチルト式に。ハイ/ローアングルでも画面を見ながら撮れる。

前面のダイヤルでモード切替が容易に
20151222_PremiumCamera_015
▲被写体を追従し続ける「AF-C」モードを追加。AF追従で5コマ/秒の高速連写が行なえる。本体前面ダイヤルで設定切り替え可能。

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

ライカ『LEICA SL(TYP601)』製品紹介ページ
ソニー『サイバーショット DSC-RX1RM2』製品情報ページ

 

関連記事

4K動画も撮れる! 35mmフルサイズの“ライカSL”が堂々の爆誕