ホットもOK。33タイプのワインを最適温度で味わえるワインセラーで気分はソムリエ

ワインをもっと美味しく飲みたいというワイン好きのための家電製品があらわれましたぞ!

Waring Pro Wine Chiller and Warmer』は種類に合せた適切な温度でワインを冷やしてくれるパーソナルサイズのワインセラーです。シャルドネやメルロー、シャンパン、リースリングなど、タイプ別に33種類の温度が本体にプリセットされているので、何度にすればいいんだっけ?と迷うこともありません。もちろん温度は自分の好みに合わせて調整もできて、冷たいワインはもちろん、ホットワインにも対応しているのがこだわり屋さんにはたまりませんよね。

Wine02

Wine03

ワインクーラーは氷を入れて冷やすものから、保冷シート付のカバーで包むタイプなどいろいろありますが、時間が経つにつれ温度調整が難しくなります。ひとりでゆっくりとボトルを空けたいという時に『Waring Pro Wine Chiller and Warmer』ならずっと適温が保たれるので、最後までゆっくりと美味しいワインが楽しめます。

Waringはプロ向け専用の家電製品を販売しているアメリカのメーカーで、その歴史は1937年からという老舗中の老舗。ハンディミキサーや電気フライヤーなど、業務用から家庭用まで数々の調理用器具を開発していて、『Waring Pro Wine Chiller and Warmer』はそうした開発の歴史から生まれた製品というわけです。ボトルを入れるだけで適温を判断してくれる──というほどスマートではありませんが、そのぶん使い方は簡単。ボタンだけで操作できるようになっています。

本体のデザインはすっきりとシンプルに黒とステンレスに統一されているので、テーブルの上に置いても違和感はなさそう。ホームパーティで「ワインは適温が大事なんだよね〜」とソムリエ気分でワイン通をアピールすることもできますよ。

Wine04

Wine05

Wine06

スタンダードな「RPC175WS」は79.95ドルとお手ごろな値段で販売中です。他にも、太めのボトルに対応できるタイプや2本同時に温度管理ができるタイプもあるので、ワイン好きはぜひチェックしてみてくださいね。

 

文/野々下裕子

関連サイト

Waring Pro Wine Chiller and Warmer製品情報