年末年始を動画に残すなら4K?今買い時の高性能ビデオカメラはコチラ

家庭用でも4K動画撮影機能を搭載するモデルがスタンダードになったビデオカメラ。独自機能と手が届きやすい価格が魅力で、年末の思い出を手軽に残せるベストな選択肢となってきている。

ハンディカム FDR-AXP35

ソニー
実勢価格:12万4310円
02

超強力な手ぶれ補正など充実機能を備えた汎用機

1/2.3型撮像素子と画像処理エンジン『BIONZ X』で高画質で低ノイズな映像が撮れる。3.0型のモニタの他にファインダーを備え、動画撮影に没入感も得られる。

■スペック
撮像素子:1/2.3型
手ぶれ補正:光学式(空間光学方式)
光学ズーム:10倍(f=29.8-298mm)
サイズ:W75×H78.5×D149.5mm
重量:625g
記録解像度:4K/30p
モニタ:3.0型(約92.1万ドット)

03
▲モニタ部の背面に最大50ルーメンの小型プロジェクターを搭載。撮影した映像の投影などが可能。

FDR-AXP35の注目ポイント

手持ち撮影でもぶれにくい
光学10倍のズームレンズを搭載し、離れた場所からでも撮影できる。手持ちだと望遠側はぶれやすいが、本機は“空間光学手ぶれ補正”を備えており、望遠側でもぶれにくいのが◎。

04
▲撮像素子とレンズユニットを宙に浮かせるように配置している“空間光学手ぶれ補正”を採用。本体の動きを検知してレンズの向きを変わるので、強烈な安定感で撮影できる。

HC-WX970M

パナソニック
実勢価格:8万5100円

05

ワイプ撮りができる軽量なコンパクトモデル

手持ちタイプの4K対応ビデオカメラでありながら、8万円台という低価格が最大の魅力。光学20倍ズームレンズを備え、運動会や発表会などで活躍する。

■スペック
撮像素子:1/2.3型
手ぶれ補正:光学式(ハイブリッド手ぶれ補正)
光学ズーム:20倍(f=30.8-626mm)
サイズ:W65×H73×D161mm
重量:362g
記録解像度:4K/30p
モニタ:3.0型(約46万ドット)

06
▲4K対応の手持ちモデルだが、小型・軽量でしっかり握って撮影できるのが特徴。小柄なので鞄の中にも入れやすい。

HC-WX970Mの注目ポイント

独特のワイプ撮影が可能
本体に装備しているサブカメラで、映像の端に小画面を表示する“ワイプ撮り”に対応。また、スマホと連携してスマホカメラで撮っている映像を小画面に表示することもできる。

07
▲液晶モニタ部の端に可動式サブカメラを搭載。水平方向に最大270度、上下に最大20度まで可動。撮影者をサブカメラで、被写体はズームで寄るといった撮り方も可能。

GoPro HERO4 ブラックエディション

GoPro
実勢価格:6万6090円

08

水や衝撃に強い屋外で活躍するタフモデル

超コンパクトなアクションカメラでありながら、4K画質での撮影時間が1時間以上と長めなのが特徴。レンズは単焦点で画角が広い。付属のハウジングは40m防水に対応している。

■スペック
記録解像度:4K/30p
駆動時間:4K撮影時1時間5分(Wi-Fiオフ)
記録媒体:マイクロSDカード(クラス10以上)
サイズ:W59×H40.5×D30mm
重量:88g
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth

10
▲まるでコマ送りをしているような独特な雰囲気の映像となる“タイムラプス動画”撮影に対応している。

GoPro HERO4 ブラックエディションの注目ポイント

多数のマウントで遊べる
付属のハウジングを装着することで、三脚や頭に固定して装着する『ヘッドバンド』といった多数のマウントが装備可能。アウトドアなどのレジャーシーンを撮るのに優秀だ。

09
▲自転車やバイクのハンドルに取り付けられるハンドルバーをオプションで用意。ハンドルに付けることで、ツーリングやサイクリング中の景色を大迫力で撮影できるのが魅力。

文/編集部 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト
FDR-AXP35製品情報
HC-WX970M製品情報
GoPro HERO4ブラックエディション製品情報