一人暮らし・ワンルームな人も必見。中型テレビでも“4K”を選ぶべし!

ひとり暮らしでもこれからは4Kが常識!

ラインナップの充実や価格の低下、そして何より肝心なコンテンツの充実などによって、4Kテレビがこれまで以上に存在感を高めている。中でも、特に単身者のワンルームなどに最適な40V型クラスの製品は驚くほど低価格化。国内メーカーの最新世代モデルがなんと10万円台中盤で手に入るようになった。もはや4Kテレビを選ばない理由は全くなくなったと言っていいだろう。むしろ、これから4Kコンテンツがさらに充実することを考えると4K対応は必須と言っても過言ではない。

その上で、狙い目は最新トレンド「HDR」対応モデル。非対応の型落ちモデルの中にはさらに安価なものも存在するが、せっかくの4K画質を最大限に楽しみたいのならぜひとも押さえてほしいポイントだ。

 

4K放送も手軽に楽しめるAndroid TV対応モデル

ソニー
ブラビア KJ-43X8500C
実勢価格:16万6000円

20151224_TV1_001

最新世代の4K「ブラビア」に向けて新開発された映像エンジン「X1」や、スマホなどとの連携や音声操作を得意とする「Android TV」搭載など、多くの点で上位モデルと共通化されたエントリーモデル。もちろんHDRにもアップデートで対応予定だ。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:43V型 バックライト:エッジ型 HDR:対応 チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2、4K対応スカパー!×1 HDMI端子:×4 サイズラインナップ:65V型/55V型/49V型

【ココが買いの理由】

4Kチューナーを本体に内蔵
この価格帯の製品では唯一となるスカパー!プレミアムサービス対応チューナーを内蔵。「スカパー!4K」などの4K放送を単体で視聴できる。

20151224_TV1_002

 

なんと全録にも対応! ひとり暮らしサイズの極上REGZA

東芝
REGZA 43J20X
実勢価格:16万600円

20151224_TV1_003

現行全モデルがHDR&直下型LEDバックライトに対応する東芝4Kテレビのミドルクラス機。高性能エンジン「4KレグザエンジンHDR」による、シリーズ自慢の超解像&HDR復元などで地デジも含めたあらゆる映像を美麗に4K化して楽しめる。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:43V型 バックライト:直下型 HDR:対応 チューナー:地上×9(タイムシフトマシン対応)、BS・110度CSデジタル×3 HDMI端子:×4 サイズラインナップ:55V型/49V型

【ココが買いの理由】

シリーズ初のタイムシフトマシン対応
これまで上位「Z」シリーズのみだった「タイムシフトマシン」に対応。外付けHDDを装着することで最大6chまでの「全録」が可能になった。

20151224_TV1_004

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2016年1月号より抜粋

関連サイト

ソニー『ブラビア KJ-43X8500C』製品紹介ページ
東芝『REGZA 43J20X』製品情報ページ

 

関連記事

4K? 2K? 中〜小型テレビは“適材適所”で決める
【徹底討論】今、買うならこの4Kテレビだ!
【2015夏 保存版】5大メーカー最新4Kテレビ完全まとめ
テレビもハイレゾ対応の時代。いつの間にか「ブラビア」スゴいことになっていた
ワンルームでももう躊躇しない!43V型4Kテレビを導入せよ
動画配信だけじゃない!“全録”こそ、超カジュアルな視聴スタイル!?