サンタクロース、四足歩行ロボットにソリを引かせる【動画あり】

「がしゃーん、がしゃーん!」心温まるはずの聖夜に、まさかの機械獣が襲来。

ハッピーなはずのクリスマスの街に、突如けたたましく響き渡るロボットの足音とモーター音。米国『ボストン・ダイナミクス社(Boston Dynamics)』のサンタクロースは、トナカイのツノを付けた3頭の四脚ロボットにソリをひかせて爆走しているのだそうですよ。その様子をとらえた衝撃の動画は、コチラのYouTubeリンクからどうぞ。

「どうしてこうなった……!?」と頭を抱えている人のために経緯を説明すると、ボストン・ダイナミクスはロボットの研究開発を手がけることで知られる、その筋ではとっても有名な企業。ここでソリを引いているのは、国防高等研究計画局 (DARPA) とともに生み出した四足歩行ロボ『BigDog(ビッグドッグ)』のクリスマス仕様というわけ。

bostonxmas02

もともと荷物を運ぶ輸送用ロボとして開発されたBigDogだけに、その牽引力は流石としか言いようがありません。それにしても動作の不気味さはあいかわらずで、クリスマスに夢を感じている子供たちがこの光景を見たら、しばらくは悪い夢にうなされるのではないかと心配になるほどです。

bostonxmas03

これでサンタ役が軍用二足歩行ロボだったりしたら恐怖感も倍増したことでしょうが、幸いにもサンタコスプレの女性が搭乗していたのがビジュアル面で唯一の救いといったところ。来年にはもっと自然で可愛らしいロボットトナカイの出現に期待したいですね。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

Boston Dynamics社のYouTubeページ