今年こそ高音質デビュー! 『3ステップで知るハイレゾ』2016年版

イイ音で新しい一年をもっと華やかに。

テレビがハイビジョンから4Kへと進化を続けているように、オーディオの世界でもより高音質な『ハイレゾ』の普及が始まっています。「専用機がなくてもポータブルオーディオ代わりのiPhoneで充分」と考えていた人でも、その魅力を知ればきっと興味をそそられるはず。2016年をあなたのハイレゾ元年にしませんか?

【STEP1】ハイレゾ対応機器のオススメってどれなの?

20151211_highreso_000

【紹介記事1】狙い目は5〜7万円って知ってた?今“激推し”のハイレゾレプレイヤー教えます

ハイレゾ音源の配信サービスも増えてきて、一部のオーディオマニア向けから幅広いユーザーへと裾野が広がってきたハイレゾプレーヤー。上の紹介記事では、2016年初頭の「今」だからこそ検討したいオススメ機種を5つピックアップしてみました。また、価格帯を問わずエントリー機からハイエンド・モデルまでまとめて検討したいなら、下の20モデル比較記事も参考になるでしょう。

20150914_001_000

【紹介記事2】今買えるハイレゾプレイヤーほぼ全部、20モデルを評論家がガチ評価

【STEP2】ハイレゾ周辺で今アツいブームってなに?

20150918_001_001

アニソン×ハイレゾがブームな訳を3名の仕掛け人に聞いてみた

デジタルオーディオのハイレゾ化とほぼ時を同じくして、こだわりの音作りで注目を集めているのがアニソン楽曲。オーディオ愛好家の定番といえばクラシックやジャズが王道なだけに、ちょっと意外な気もしますね。そんなハイレゾとアニソンの好相性について、3人の仕掛け人に話を聞きました。

【STEP3】最新のハイレゾ事情をもっと知りたい!

primeseat01

【過去のニュース記事1】本日開始! ハイレゾ音源ストリーミング・サービス『Prime Seat』とは?

これまではユーザーがダウンロードしてからローカル再生するのが主流だったハイレゾ音源も、世界初のハイレゾ音源ストリーミング・サービスとなった『Prime Seat』の登場で新たな時代に突入しそうな予感です。また、話題の映画『スター・ウォーズ』モデルのウォークマンには歴代作品サウンドトラックのハイレゾ音源がプリインストールされるといった試みも。

sw_highres02

【過去のニュース記事2】ハイレゾ版サントラ同梱! スター・ウォーズ仕様のウォークマン&ヘッドフォン

このように、ハードとソフト、そしてサービスの各方面で整備されつつあるハイレゾ環境。乗り遅れないためにも、今年こそハイレゾ対応機器を導入する絶好のタイミングなのかもしれません。

文/ワタナベダイスケ(編集部)