Cerevoの3Dプリント特注自転車! もちろんクラウドにもつながります

スポーツブランド『XON』、スノボの次は自転車でした!

とにかくなんでもネットにつなげちゃう、IoT(Internet of Things)機器を手がけるCerevoが発表したロードバイク『ORBITREC(オービトレック)』は、フレーム製造に3Dプリント技術を用いることで特注品のオーダーメイド・フレームを短納期、かつ低価格で提供できるのだそうですよ。ちなみにレースに出られる本気仕様でありながら最短1ヶ月以内の短納期、お値段7000ドル以下(予価)に抑えられるというのは、なかなかスゴいことみたいです。

orbitrec02

もちろんCerevo製品らしくBluetoothによるスマートフォンとの連携機能を備えていて、フレームダウンチューブに内蔵された9軸センサ(加速度・角速度・地磁気)、温度、湿度、気圧、照度、GPSからの情報を各種デバイスやサービスと連動させられますよ。

走行中の傾きをリアルタイムで測定できるのは、同社のスノーボード用スマート・ビンディング『SNOW-1』を思わせますし、フレームにかかった衝撃といった状態変化も逐一データ化され、活用できるようになるのだそう。従来のサイクロ・コンピュータとは別次元のスマートなライディングを予感させてくれますね。

orbitrec03
orbitrec04

なお、ORBITRECと同等のセンサー部のみを別製品とした『RIDE-1』も用意されるそうで、こちらは300ドル以下で手に入るとのこと。これなら既存のフレームをスマート化したいライダーや、本気のレース仕様には手が届かないけれどスマホ連携は試したいというニーズに合致しそう。ORBITREC、RIDE-1ともにiOS8.3以降に対応し、USB経由の充電で15時間駆動するそうです。

なお米国時間の2016年1月6日から1月9日までラスベガスで開催される家電見本市『CES2016』に出品されるということで、イベントの盛り上がりとともに話題になること必至のアイテムです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ
Cerevoからのお知らせ