な、なぜG-SHOCKじゃないんだ!? カシオのアウトドアAndroidウォッチ

っていうか、アウトドア向けだからG-SHOCKというよりプロトレックか。

ラスベガスで開催中のCES2016で発表されたカシオのAndroid Wear搭載のスマートウォッチ『Smart Outdoor Watch』にそう叫んだ皆さん、なんとなくお気持ちはわからないでもないです。

しかし、デジタルデバイスを選ぶ基準はブランド名やルックスばかりではありませんよ。アウトドア・ユースに特化したモデルとして生み出されたこの製品。特徴をくまなくチェックすれば「コレもけっこうアリだなー」と納得できるスペックなのです。

casiowatch01

頑丈さが売りの『Smart Outdoor Watch』だけに、音声で「OK,Google」できるマイク内蔵のスマートウォッチとしては初の5気圧防水構造を実現。さらにMILスペック(MIL-STD-810G)の堅牢性能を達成するなど、さすがは腕時計からスマートフォンまでタフネスさに定評のあるカシオといったところ。

casiowatch02

ソフトウェア面でもAndroid Wear標準のアプリが使えるのはもちろんのこと、独自アプリでトレッキング、サイクリング、フィッシングといったシーン毎に役立つ情報を表示することが可能。文字盤上のディスプレイが時刻表示用のモノクロ画面とカラー画面の2枚重ね構造になっているのも面白いポイントです。

casiowatch03

このようにPROTREKともG-SHOCKとも趣を異にする特徴を持つ『Smart Outdoor Watch』、グリーン、オレンジ、ブラック、レッドの4色バリエーションで価格は7万円+税となる見込み。3月発売予定です。

ところで冒頭の話に戻っちゃいますけど、以前よりG-SHOCKにもスマホ連携が可能なモデルはあるんですよね。でもやっぱりAndroid Wearが動くモデルがあってもいいと思うんです。今やあのタグ・ホイヤーだってAndoid Wear搭載腕時計をリリースするご時世ですから。いかがでしょう? カシオの皆さん?

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ