ライトユーザー向けスマホ料金、先陣切ったソフトバンクは4900円/月から

毎月使っているパケット量、さっそくチェックしてみては。

大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマートフォン利用料金にはライトユーザー向けのプランがないとして、総務省が各キャリアに対応を要請するまでになっていた問題、いよいよキャリアからの動きが見られ始めました。

まず先陣を切る形で新料金導入を発表したソフトバンクは、自社のスマホ料金プラン(スマ放題ライト、スマ放題)において、月額2900円で月々1GBまでのデータ通信が可能な『データ定額パック・小容量(1)』を、2016年4月より開始するとしていますよ。

sbmplan01

これにより、基本プラン月額が1700円のスマ放題ライト(かけ放題無料通話が1回5分までに制限される)と組み合わせた場合には、月々4900円でスマホを運用できるようになります。

sbmplan03

ちなみに現行のプランではデータ通信の最小プランが月2GB=3500円だったため、通信量のごく少ないユーザーにとっては、月々600円安いプランという新たな選択肢が生まれたというわけ。

また、自宅や職場ではスマホもWi-Fiに接続していたり、外出先で積極的に公衆無線LAN(フリーWi-Fi等)を利用しているのであれば、ライトユーザーでなくても1ヶ月あたり1GBあれば充分という人は意外といるものです。この機会に自分が普段使っているパケット量を再確認してみると良いかもしれませんね。また、今後ドコモとauがこの動きに追従するのか、あるいはまた違った切り口での負担軽減策を打ってくるのかにも注目したいところ。

ここで1つ注意したいのは、低額のプランに加入していると固定電話や今年からスタートする電気料金とのセット割の対象にならないケースもあるということ。多方面からしっかり検討して、本当に一番オトクになるプランを見つけたいものです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

ソフトバンク株式会社のプレスリリース