目玉商品はどれ!? auがスマホ・タブレット2016年春の新機種を発表

キャリア独自ブランドか、おなじみのメーカー発ブランドか。

auが2016年春の新スマホ・タブレットを発表しましたね。ラインアップの内訳としては、スマホ新端末2機種、新タブレット1機種に加え、先に紹介したAndroidフィーチャーフォン(ガラケー/ガラホ)のグラティーナ4G、そして既発モデルのカラーバリエーション追加といったところ。

ガラケーを除外して今回のスマホおよびタブレット新製品を見てみると、メーカーブランドの完全な新商品はシャープ製の『AQUOS SERIE mini SHV33』たった1機種のみ。あとはauの独自ブランド『Qua』よりスマホとタブレット各1機種の発表にとどまりました。これらの新機種の特徴を簡単にまとめると以下の通り。

4.7インチのコンパクト端末『AQUOS SERIE mini』

au2016spring02

iPhoneをはじめ、スマホの大型・大画面化が進むなかでも「片手で無理なく操作できる小型端末がほしい」というニーズは聞かれるもの。シャープ製の新AQUOS SERIE mini(SHV33)は、そうした需要に応えてくれそうな4.7インチ級の端末です。

au2016spring01

旧モデル(2014春モデル)と比較してもバッテリー容量やカメラを中心にスペックが強化されており、特にリコーの「GR certified」の取得やセルフィーに適した広画角化を果たしたインカメラなど、カメラ周辺の大幅なパワーアップが目を引きます。もちろんIGZO液晶や「エモパー」といったシャープらしさも健在。

au独自ブランド『Qua』のスマホ&タブレット

au2016spring03

auブランドでのリリースとなる『Qua』ですが、開発・製造は「Qua phone」が京セラ、auブランド2代目のタブレットとなる「Qua tab 02」ではファーウェイ(Huawei)が担当。これらはメーカーこそ異なるものの、共通のホーム画面「auベーシックホーム for Qua」が用意されているとのこと。

au2016spring05

au2016spring04

Qua phoneは企画から設計・開発・試験・製造までを日本国内で実施するという、とにかく国産にこだわったモデル。また、スマートソニックレシーバー、防水防塵、耐衝撃など「グラティーナ4G」によく似た京セラ端末の特徴を有しているのも特筆すべきところでしょうか。

au2016spring06 au2016spring07

一方のQua tab 02は、WUXGA液晶やステレオスピーカー、独自のサラウンド技術「Super Wide Sound」でモバイルながらホームシアター用途を意識したスペックが特徴。また、auスマホやグラティーナ4Gと連携させる「auシェアリンク」にフル対応したタブレット端末でもあります。

さて、これまでにないほどにメーカーブランドの存在感が薄れるかたちとなったau2016年春の新端末ラインアップですが、今後は『Qua』のようなキャリア独自ブランドが増えていくのか、それともメーカー端末が復権する日が来るのか。以降のauによる商品展開、そしてドコモやソフトバンクの今後の新機種動向が気になるところです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

auの商品紹介ページ(スマホ最新機種 2016 春モデル)