スタンフォード大学、過熱を検知して自動停止するバッテリーを開発

ホバーボードやモバイル機器炎上の解決策となるか!?

スタンフォード大学は、オーバーヒートすると自動シャットダウンし、冷却が確認されると再起動する、新たなリチウムイオン電池を開発したと発表しました。この技術は、内蔵電源を備える機器が一般的になりながらも、いまだバッテリーの不具合でリコールされる機器が多い現状を変えてくれるかもしれません。

stanford_overheatbatt02 stanford_overheatbatt03

仕組みをものすごく簡略化して説明すると、この新バッテリーには極小レベルで非導電性の弾性ポリエチレンが埋め込まれているため、バッテリーが熱膨張するとポリエチレンが電気の流れを阻害して、自動的にバッテリーがシャットダウンするのだそう。そして膨張がおさまれば、ふたたび電気が流れてバッテリーとしての機能が復活するというわけ。

現在の実験ではグラフェン、炭素、ニッケルなどが用いられているとのことですが、電池内部に含まれる高分子材料の種類を変えることで、シャットダウンする温度を調整できるとされています。ある程度の日常的な使用に差し支えなく、かつ炎上しない温度域でシャットダウンするようにチューニングできれば、リチウムイオン電池の安全性が劇的に高まりそうですね。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

スタンフォード大学による発表(英文)