心拍計に革命の予感。京大とパナ、触れずに測れる生体情報センサーを開発

着衣のままでも、就寝中でも。リアルタイムで健康モニター。

高齢化が進みつつあることもあってか、近年の日本ではヘルスケア関連技術の研究開発が盛んですよね。活動量計やスマートウォッチといったウェアラブル機器の時代が来たことで、さらに注目が集まっているようにも思えます。

そんななか、京都大学のセンター・オブ・イノベーション(COI)とパナソニックが「離れたところから非接触で心拍数および心拍間隔を高精度に計測できる生体情報センシング技術」の開発に成功したとのニュースが飛び込んできました。この技術は、従来なら体に触れていなければ測れなかった「平均心拍数」「心拍間隔」などを、離れた場所からのスペクトラム拡散ミリ波レーダーで測定可能にするというもの。ここで用いられるミリ波レーダーの電波は衣服などを透過する性質があるので、衣服を着たまま楽な姿勢をとっていても、健康状態をモニターできます。

つまり、この技術を使えばよりカジュアルに生体情報を把握できるようになるというわけですね。

心拍間隔の計測までもが、日常生活のなかで手軽にできるようになると、なんと自律神経の乱れなどもわかるようになるのだそう。ということは、病人や高齢者のみならず、健常者にとっても仕事や生活でのストレスをリアルタイムで知ることができるようになるというメリットがあります。一般家庭でも使えるような機器に応用されるのを期待したいところです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

パナソニックによるプレスリリース