「NOOOO!!」スター・ウォーズ:エピソード8の公開が延期へ

フォースでなんとかならんのか!?

エピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がいまだ絶賛上映中ではありますが、次回作「エピソード8」の公開時期が延期となることが、ディズニーとルーカスフィルムの声明によって明らかになりました。これにより、当初は2017年夏の予定だった封切りが、同年12月15日ということになります。

swep8delay02

発表されたニュースリリースでは、エピソード7のビジネス上の成功がクローズアップされつつも、遅延の原因について触れられていません。しかし一部の海外メディアなどでは、この遅れは映画そのものの制作体制によるものというより、トイや関連グッズ、アパレルブランドとのタイアップにかかる労力に起因しているのではないか、といった見方もあるようです。しかし真相については全く不明のまま。

とはいえ、このまま順調に進んでくれればわずか数ヶ月の遅れで新作を見られるということでもありますし、熱心なスターウォーズ・ファンにとってはそれほど大きな問題とはならないかもしれません。特に日本のユーザーにとっては、このくらいの遅延で動揺していては、劇場版エヴァンゲリオンとか某少年マンガ誌のアノ作品の遅延ペースにはとても耐えられませんものね。

ひとまず、今後さらなる遅れなく「エピソード8」が我々の元に届くことを、フォースを信じながら待つことにしましょうか。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

「Starwars.com」のニュースリリース