パワフル車椅子『TopChair』なら、階段だってグイグイ昇降!

パワー自慢の電動車椅子です。

バリアフリーやユニバーサルデザインといった言葉が聞かれるようになって久しいですが、我々の生活環境にはまだまだ多くの「バリア」が散見されます。特に車椅子で生活する人たちにとってバリアとなるのが、道の段差や階段など。そうした場面でも安心して移動できるように開発された電動車椅子が『TopChair-S』です。

topchair02

車体各所に様々な工夫が凝らされていて、急な階段でも上り下り可能となっているパワフルな車椅子なんですよ。

topchair03 topchair04

topchair05 topchair06

『TopChair-S』最大の特徴は、車体底部のゴム製ベルトクローラー(無限軌道)を展開することで、60%ピッチまでの傾斜の階段を昇降できること。この時、車体の傾きに合わせて座面は自動的にリクライニングして乗員を安定させてくれます。このリクライニング機構は日常でも前傾-10度、後方へは40度までの範囲で自由に動かせる仕組み。

topchair07 topchair08

ちょっとした段差程度であれば、階段昇降モードを使わずとも、ショックを吸収してくれるストロークの長いサスペンションで充分対応できます。階段や段差のように不安定な場所でも安心のパワフルさは、700W出力のハイパワーモーターのおかげ。

また、長時間・長距離の移動でも疲労を軽減してくれるしっかりしたシート座面は3種類から選択でき、さらにヘッドレストやシートベルトといったオプションが豊富なのも重要なポイント。毎日使う物ですから、豊富な装備やカラバリが選べるのはスペックと同じくらい大切なことなんですよね。

もちろん、都市のあらゆる場所がバリアフリー化されるのが理想ではありますが、現実的には難しいところも多々あります。このように車椅子側でのハードウェアが進化することで、利用者がより多くの場所へ行くことができる。こうしたアプローチもまだまだ進めていく余地がありそうです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ