ヘルメットをプライベート音響空間にする『コンサート・カプセル』!

でもこれじゃ、音楽を聴きながらコンビニに入れないじゃーん!

ドイツからなにやら面白そうなアイテムがやってきましたよ。ヘルメットに貼り付けるサウンドシステム『コンサート・カプセル(Concert Capsule)』です。振動エネルギーを利用してヘルメット内に音波を伝送させ、Bluetooth接続した機器から音楽をストリーミング再生する仕組みなのだといいます。

実物を試していないのであくまでイメージですが、ヘルメット内で音が反響するというのはリスニング環境として良さそうな気がしてきますね。集合住宅に住んでいる身からすると、こういうアイテムで誰にも気兼ねすることなく大音量を楽しんでみたいものです。

conccup02

ちなみに防水・防塵や耐衝撃性能を備えているとされ、アウトドアでの使用も想定されている模様。やるかどうかは別として、装着したままでシャワーだって浴びられますよ。

conccup03

もともとがヘルメットなだけにバイクとの親和性は高そうですが、フルフェイスのヘルメットを被って屋外でノリノリになっている様子はかなり不審者っぽいうえに、周囲の音が聞き取りにくくなって大変危険なので、くれぐれも使用時のTPOには配慮することをお勧めしたいところ。

conccup04 conccup05

conccup06 conccup07

conccup08 conccup09

なお、同製品のサイトには日本語ページが用意されており、ドイツからの海外発送扱いではありますが、日本からの購入も可能なのだそう。お値段は299ユーロですので、日本円にすると4万円弱になります。見た目の問題は別として、どんなサウンドなのかは非常に気になりますよね。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

日本語版の製品ページ