55万円は意外と安い!? ボディが「銅」で作られたハイレゾプレーヤー

銅ですよ!! どうですか!?

導電性、ノイズを防ぐシールド効果、そして適度な比重によって、オーディオプレーヤーに適した金属素材だと言われている「銅」。ならばボディ全体を銅で作ってしまえば、良質なポータブルプレーヤーが誕生するはずですよね。そんな思いが形になったのが『アステルアンドケルン(Astell&Kern) AK380 Copper』です。音質ばかりか、ルックスまですっかりラグジュアリーな仕上がりに、思わずうっとり。

ak380cu02 ak380cu03

ak380cu04 ak380cu05

しかもただの銅ではなく、その純度は純度99.9%とされています。さらに無垢の銅ブロックからの削り出し製造にかかる時間は、一台分のボディあたり約4時間。熟練の職人技による5軸加工での切削で作り出されているのだそうですよ。

ak380cu06 ak380cu07

ちなみにベースモデルである『AK380』のボディはジュラルミン製。銅の金属重量がジュラルミンの3.2倍以上もあることで、製造にはずっしりと重い1.7Kgの銅ブロックが必要です。これでは54万9980円と高額な商品になるのもうなずけますが、実はジュラルミン製の『AK380』でも46万2945円の超ハイエンド・オーディオなだけに、これだけの素材と手間がかかっていると思えば決して高くないのかもしれません。

もちろんどちらのモデルもPCM 32bit/384kHz、DSD128 (5.6MHz/1bit) のハイレゾ音源対応、パラメトリックEQによる精密な音質調整などの機能性を備えたプロオーディオ仕様。性能面でも最高級なのは折り紙つきです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ