【レビュー】『Gear S2 Classic』の円形ベゼルはスマートウォッチ最良のUIか!?

新UI「サークルUX」を採用、サムスン以外のスマホでも使える!

サムスン製としては第4世代目となるスマートウォッチ『Gear S2 Classic』。これまで「Gear」シリーズは同社のAndroidスマートフォンである「Galaxy」シリーズにしか対応していなかったが、本製品からAndroid 4.4以上、メモリ(RAM)1.5GB以上を搭載したAndroidスマートフォンで利用可能となった。

OSには「Tizen OS」を採用し、CPUは「Exynos 3250」、メモリ(RAM)は512MB、ストレージ(ROM)は4GBをそれぞれ搭載。画面は円形の約1.2型有機ELディスプレイで、解像度は360×360ドット(302dpi)だ。250mAhのバッテリーを内蔵しており、通常モードで約3日間、省電力モードなら最大4日間の利用が可能とされている。

サムスン
Gear S2 Classic
実勢価格:4万9420円
samsunggear2_01

SPEC
サイズ:W39.9×H43.6×D11.4mm 重量:42g 防水/防塵:IP68 バッテリー容量:250mAh 通信機能:Wi-Fi、Bluetooth、NFC センサー:加速度、ジャイロ、心拍、気圧、照度 バッテリー駆動時間:最大約4日

 

基本性能をCHECK!!

Androidスマホ専用で、iPhoneではまだ使えない!
モバイル機器向けOS「Tizen OS」をカスタマイズして搭載している『Gear S2 Classic』(以下、Gear S2)は、今のところAndroidスマートフォン専用。ただし、2016年内にiOSをサポートするとサムスンが発表しているので、iPhoneユーザーも近いうちに使えるようになるはずだ。

Galaxyスマホ以外にも対応!
samsunggear2_02
従来のGearシリーズはGalaxy専用だったが、「Playストア」で公開されているアプリを使えば他社製スマホでも利用可能だ。

OSには「Tizen」を採用
samsunggear2_03a samsunggear2_03b
「Tizen」は、アップルのiOSやグーグルのAndroidと同じく基本ソフト。Gear S2にはそのカスタム版が搭載されている。

最大4日間の長時間駆動
samsunggear2_04a samsunggear2_04b
通常モードで約3日、省電力モードで最大4日間の連続駆動を実現。実測では、1日30件ほどの通知があった状態で約2〜2.5日だった。