ジェスチャー操作のナビゲーター『HAIKU』と一緒にサイクリングに行こう

スマホ連携でサイクリングをもっとイージーに。

自転車は街中を気軽に移動できる便利な乗り物だけど、遠くに行ったり、知らない場所にでかけたりするときに地図は必須。そんなとき、スマホの地図アプリで道を確認しながら自転車に乗るのは危険だし、いちいち止まってスマホを見るのは面倒ですよね?

HAIKU』は、スマートフォンと連携するサイクルナビゲータ。ハンドルに固定した付属スタンドにマグネットで固定するタイプなので、セットしたり外したりが非常に手軽なのです。そのうえ、セットするだけで自動的に電源が入り、スマホで設定した目的地までの道のりをガイドしてくれます。

02_handle

03_stand

『HAIKU』のディスプレイには基本的にあと何mで右/左に曲がるかが表示されるだけ。自転車に乗って移動しているときは前に進むか、左右に曲がるかだけなので、これだけわかれば十分でしょう。ちなみにこれを「ターン・バイ・ターン・ナビゲーション」と呼んでいます。

また移動中にスマホが電話を受けたり、メッセージを受信したりすると、ライトが青く点滅。ジェスチャーでメッセージをディスプレイに表示させることもできます。そう、『HAIKU』がユニークなのは、ボタン操作などではなく、ジェスチャーで操作するところなのです。

04_message

05_gesture

『HAIKU』はマイクロUSBで充電し、最大12時間動作。対応スマホはiPhone 4s以降、Androidがサムスンs3以降、モトローラG以降、Nexus 5以降、その他とのこと。クラウドファンディング「Indiegogo」ですでに目標額を達成しており、現在は2回目のキャンペーンを実施中。70ユーロの枠は埋まっていますが、80ユーロの枠がまだ空いている模様です。なお発送は今年の9月だそうです。

手軽に使えるサイクルナビゲータは実際に探すとあまり種類がないので、自転車で知らないところによく出かけるという人にはいい選択肢になるかもしれませんね。

 

文/一条真人

関連サイト

Indiegogoページ