スマート・ギターアンプ爆誕! マーシャルの『CODE』はスマホとも連動ゥウ!

デジタル時代になっても、やっぱりオレたちのマーシャルは最高だぜ!

ロック派ギタリストの多くが愛用するギターアンプの「マーシャル」も、近年ではAndroidスマートフォン『Marshall London』を発売したりと、デジタルやスマートデバイスに親和性の高い企業へと変化しつつある傾向。そしていよいよ、同社主力製品である大型ギターアンプにもデジタル志向の『CODE』シリーズが追加されたのです。

まず最大の特徴は、iOSおよびAndroidに対応した『Marshall Gateway』アプリによって、スタジオや他のユーザーが所有する『CODE』とサウンドプリセットが共有できるということ。これらの設定や操作は、Bluetoothによってリモートで行うことができます。また、Bluetoothでは外部のスピーカーやヘッドホンへの音声ストリーミング出力が可能。このあたりはスマホ時代らしい新機能ですね。DAW用のインターフェースとしてUSBポートも備えます。

marshallcode02

アンプ本来のスペックもチェックしてみると、『CODE』はプロ品質のサウンドエフェクトと正統派のマーシャルサウンドを兼ね備えており、オーディオソフトウェアの『SOFTUBE』とコラボしたイマドキなデジタル仕様。MST(MARSHALL-SOFTUBE)プリアンプによって「1962 Bluesbreaker」「JCM2555 Silver Jubilee」をはじめとする往年の名機を再現でき、さらにはコンプレッサー、ディストーション、オートワウ、ピッチシフター、コーラス、フェイザー、フランジャー、トレモロといった音色の変化、そしてスタジオ品質のリバーブやディレイ等の空間系を含めた24種のエフェクトを内蔵しているとあって、多彩なサウンドメイクができそうな予感です。

marshallcode03

『CODE』のラインアップは、100Wの『CODE100H』『CODE100』、50Wの『CODE50』および25Wの『CODE25』という4機種。現時点でや発売日などは不明ですが、ギタリストなら要注目のニュー・アイテムです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

製品ページ
ニュースリリース