狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【タフネス編】

時計の価格高騰の今、狙い目のゾーン

ここ最近、時計の価格が高騰している。理由はいくつかある。

まずは多くの新素材やレアマテリアルが時計に使われるようになったこと。機械式ムーブメントの自社開発化の増加も要因だ。そして、昨年1月に起きたスイス国立銀行(中央銀行)の対ユーロの上限、1ユーロ=1.20フランの撤廃によるスイスフラン急騰も価格に響いた。

もはや手が届くちょうどいい価格帯に買いたい時計はないのか? 実はそんなことはない。為替は別にして、素材はステンレスで十分。自社ムーブメントでなくても全然問題ない、と考えればいい。すると買える時計が見えてくるはずだ。

ここで取り上げるアンダー25万円は、どの時計もしっかりと作られている。そして、機能やデザインにこだわった個性的なモデルがたくさん存在している。つまり“語れる”時計がそこにある。だから今、男のご褒美として推すのだ。

シリーズ記事
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【国産ダイバーズ編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【復刻&オマージュ編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【革新ムーブメント編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【ファッション編】
狙い目はアンダー25万円。“語れる”腕時計で男を上げろ!【唯一無二編】

水・衝撃・傷を克服したタフスペック
比類なき屈強

男は屈強なプロダクトに惹かれる

耐衝撃、防水、耐傷、その屈強っぷりを実際に過酷な現場で体感することは少ないかもしれない。しかし、男は屈強に惹かれる。なぜか? その道のプロが使っている、あるいはテストを耐え抜いた“本物の作り”が宿っているからではないか。

G-SHOCKは自然災害という過酷な現場でも負けない史上最強のタフネスウォッチを生み出した。エドックスはダイバーズウォッチを極地潜水に送り込み確かな性能を発揮した。シチズンは独自開発した表面硬化技術で美しさが持続する最先端GPSウォッチを作り出した。

屈強な時計は正確な時刻を知るだけの道具ではない。信頼性と安心感をも備え、身に着ける満足度をさらに高めてくれるのだ。