今月の「ビジョメガネ」は、担当編集として3年前から狙っていた新進女優・葵わかな

最初にその子を見たのは2013年。

と言ってももちろんそれはテレビでの話で、毎朝学校まで父親の車で送ってもらっていた女の子が高校卒業の時に父親に一言告げる……という、「東京海上日動火災保険」のCM(ネット上のアレに著作権的にはナニだけどアップされてます)を見て、これは「ビジョメガネ」でオファーしなければ! と熱くなってました。

しかしその当時は14歳だったので、「まだ早いかな?」と様子を見ることに。

そこから3年が経って、最近ではmineo(マイネオ)のCMでもその姿を頻繁に見るようになり、「そろそろ出てもらわないと」ということで、編集長にゴリ押しして今回の撮影に至りました。

というわけで、発売中の『デジモノステーション』(4月号)巻末グラビア「ビジョメガネ」は、葵わかなさんにご出演いただきました。

天真爛漫な役も演じられるし、ちょっと影のある感じもある。華やかさも出せるし、クラスにいそうな雰囲気も出させる。

このタイプの10代女優はフィルムで撮らなければということで、おなじみのフォトグラファー・木村篤史さんに撮影いただきました。

担当編集が胸を張っておすすめする新進女優の“今”の姿を、本誌とWebでご確認ください。

毎週更新のWeb版「ビジョメガネ」はこちらから。

bijo169_main-705x470