カメラを買い替えるなら今!春は新モデルが選び放題なんです【ニコン編】

約6年半ぶりに登場したDXフォーマット最上位機

APS-Cサイズセンサー搭載一眼レフ(ニコンでは「DXフォーマット」と呼称)の最上位モデルとしてハイアマチュア層から絶大な支持を集めていた名機『D300S』(2009年発売)。その後継機が、長らくの沈黙を破って遂に登場。

期待の新製品『D500』は、同時発表されたプロ向けのフルサイズセンサー搭載機『D5』のエッセンスを数多く盛りこまれた、超高性能モデル。10コマ/秒の高速連写や強力なAFモジュールなどによって、現在この市場を席巻しているキヤノン『EOS 7D Mark II』を凌駕する高性能を実現した。4K動画やXQDカード対応などの新機軸も多数。全ての点で最新鋭の実力を備えた一眼レフに仕上がっている。